下痢が起きてしまう原因!そのメカニズムとは?

下痢が起きてしまう原因!そのメカニズムとは?

 

私達が経験する下痢ですが、その発生原因については食事に関わる物から、精神的なストレスによる物まで大変多岐に渡ります。又、その症状によっては心配の要らないレベルの物から、緊急で医師による適切な治療が必要な物まであります。どの様な原因によって下痢が起こってしまうのか考えて見たいと思います。

 

【下痢が起こる原因】

下痢を起こしてしまう原因の最も代表的な物と言えば、食べ物による食当たりや、消化不良を挙げる事が出来ます。食べ物で言えば、非常に油っこい物や、大変辛い物等を暴食したり、お酒をたくさん飲んだ場合に胃や腸内での消化や水分の吸収がうまく出来ずに下痢となってしまうケースです。

 

これらが原因の下痢は、急性の下痢とされており数日で症状が治って行きますが、生活習慣や食生活の悪化から体調を崩し、食べ物を消化する能力が落ちている場合も多く、生活習慣の改善が必要になります。

 

 

又、最近注目され患者が多いのがストレス性の下痢です。

 

 

これは日常生活で受けるストレスが原因で下痢を起こしてしまう物で、過敏性腸症候群とも言われ、例えば毎朝の通勤通学の時間になると、お腹が痛くなり下痢を起こしてしまう物です。特にサラリーマンの方にはこの症状で苦しんでいる方が多く、慢性的な下痢となってしまう事が多いです。更にもう一つ気を付けたいのがウイルス等の感染症に伴う下痢です。

 

日本でも冬場に多いノロウイルスや、日本では余り発生していないコレラや赤痢等が挙げられます。特に魚介類の生食や肉の生食、衛生状態の悪い水等からウイルスに感染してしまうケースが多いです。特に梅雨の時期から夏場は、出来るだけ生もの等の食事は避ける事が大切です。

 

女性の場合に多いのは、生理の前や生理中に下痢を起こすケースが有ります。これはプロゲステロンと言われるホルモンの分泌が盛んなる事で、大腸等のぜん動運動が活発になる事で便通が緩くなってしまい下痢を起こしてしまいます。又、女性の場合は生理中の精神的なイライラから下痢を起こしてしまうケースも有ります。

 

こういったように下痢と一言で言っても様々な原因があり、自然治癒するような一過性のものからウイルスなどが関係してくるものまであるので、気を付けるに越したことはないということです。

比較ページへのリンク画像