下痢 軟便 違い

下痢と軟便って違いがあるの?ちょっと気になる細かいところ!

 

【下痢の原因】

急激な腹痛を伴い、何度もトイレに通うようなことがあると、「下痢になった」と思う人が多いと思います。下痢になる原因はいろいろあると思いますが、だいたいが病原菌などの悪い物を体の外に出すための生理反応のことが多く、便の水分量が多くなった状態を言います。そのため、下痢の時に便は軟便になります。

 

 

【軟便とは】

通常の便の水分量が70~80%なのに対し、軟便は水分量が80~90%になります。軟便はで腸の動きが過剰になり、腸の内容物がハイスピードで腸を通過してしまいます。そのため、便は腸からの水分の吸収を十分に行うことができず、軟便になってしまうのです。軟便は泥のような形状でドロっとした感じになります。排便時のキレが悪く、すっきりとしない感覚になります。

 

軟便の原因に多いのは暴飲暴食などの食生活の乱れです。食べ過ぎやアルコールや冷たい飲み物の飲み過ぎ、コーヒーなどのカフェインの摂り過ぎなどです。お腹を冷やすのも良くありません。腸をコントロールしている神経がお腹の冷やすことにより刺激を受けて、腸が異常収縮してしまうため軟便になってしまいます。また、脳がストレスを感じると軟便を引き起こすこともあります。大腸と脳は密接な関係があると考えられているのです。

 

 

【下痢と軟便の違い】

軟便は排便時に痛みはありませんが、下痢は急激な痛みを伴います。軟便でも水分量が80%以上の液状の便であれば下痢となります。 2つの見ための違いは、軟便は形があり、下痢は水に溶けたり、浮いてバラバラになります。便の状態によって必ずしも軟便=下痢というわけではありませんが、下痢や軟便の多い人は腸内環境を改善を心掛ける必要があります。食生活の改善とともに、乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌を多く取り入れると腸内環境を整えてくれます。ヨーグルトなどの乳製品や納豆などの発酵食品をバランスよく獲るよう食事を工夫すると良いでしょう。

比較ページへのリンク画像