こんな下痢の色だったら危険!?身体の異常を表す便を知ろう!

こんな下痢の色だったら危険!?身体の異常を表す便を知ろう!

 

便の色というのは通常黄土色とか茶色ということが多いですが、食べたもの、体調で変わることもあります。緑黄色野菜をたくさん食べると緑色っぽい便になりますし、以前、イカ墨パスタを食べた後の便が黒くなったこともあります。ただ、下痢の便については何らかの病気が隠れていることがありますから注意が必要です。

 

【便の色は肝臓で決まる】

便の色は肝臓で作られる胆汁(たんじゅう)によって決められている場合がほとんどです。胆汁とは黄色いアルカリ性の液体で、肝臓から分泌されて胆嚢に溜められ、十二指腸におくられるものです。その胆汁に含まれるビリルビンという色素が便の色を決めているため、便の色は肝臓の状態を知る手掛かりになるのです。

 

 

【便の色の種類】

まず、便が赤い場合について解説します。トマトなど、赤い食品を摂りすぎた場合も、便が赤くなることがあり、この場合は心配いりません。ただ、下痢が長く続く場合はいろいろな病気の可能性を考えなくてはいけません。痔で肛門が切れている場合だけでなく、腸炎などが原因で出血している疑いもあります。

 

次に緑色の便です。最初に書いた通り、緑黄色野菜の食べ過ぎのほか、胃腸薬やサプリメントが緑色で常用的に服用していたなどについてはそのまま便の色で出てしまうことがあります。胆汁に含まれるビリルビンが酸化すると、便の色は緑色から深緑色になります。そのため、緑色の便は大きな病気などの可能性はなく心配はいりません。

 

海藻類や黒い食材の食べ過ぎで便の色が黒くなってしまうことがあります。イカ墨パスタなど分かりやすい食べ物であれば「あれを食べたから便が黒いのか」と分かりますから心配する必要はないと思います。

 

ただ、黒くてドロリとしたコールタールの様な下痢(タール便)は胃や十二指腸などの消化器官で大量の出血があり、その血が便と共に出てくるまでに酸化して黒くなっている場合があります。この場合はかなり深刻になりますので、すぐに病院を受診する必要があります。

 

 

【便の色に異常があったら】

黄土色や茶色以外の便が出た場合は、焦らずに落ち着いて直近に食べたものを考えてみましょう。色の濃いものや消化不良を引き起こしやすい、脂っこいもの、冷たい物、刺激的なものなどを食べていないでしょうか。

 

まずは食生活を改善し、症状がなくなれば病気の心配はありませんが、それでも改善しない場合は病気の可能性を考えなければいけません。食生活の乱れは健康へ影響し、腸内環境は便の色を変化させる大きな原因となります。

 

食べたいものを食べることもストレス解消には必要ですが、毎朝ヨーグルトを食べるだけでも腸内環境をよくしてくれますし、ヨーグルトが苦手な人であればサプリなど簡単に始められるのもありますがので、身体の健康の為にも少しずつ始めてみてはいかがですか。

 

比較ページへのリンク画像