下痢になりやすいのは体質じゃなく習慣にある!?

下痢になりやすいのは体質じゃなく習慣にある!?

 

日頃からお腹が痛くなりやすかったり、下痢を起こしやすい人がおります。下痢を起こしやすい人はご自身でもお腹が弱いや、特定の食べ物や飲み物によって下痢を起こしてしまう事の認識が有ります。又、決まった時間(通勤時間等)に下痢を起こしてしまう方も大変多く見かけます。この様にある程度決まった条件で下痢を起こしてしまう人は何故下痢を起こし易いのでしょう。

 

 

【下痢になり易い人の特徴】

下痢になり易い人の特徴をまとめて見ると大きく次の4つに分類する事が出来ます。

 

  1. 日頃からアルコールをたくさん飲む人
  2. 元から胃腸の弱い人
  3. 乳糖不耐症と言う症状をお持ちの方
  4. 緊張感から来るプレッシャーに強く無い人

 

 

【どの様な理由で下痢になってしまうのか】

アルコールを大量に飲む人は、大量のアルコールを飲み続ける事によって膵臓や肝臓に負担が掛かり、これが引き金になり消化不良と下痢を起こし易くなります。元々胃腸の弱い人は、特に夏場等に冷たい飲み物を一気に飲んだりする事でお腹が冷えてしい下痢を起こしてしまったり、腸内で吸収できる水分量を超えて飲んでしまう事で下痢になってしまいます。

 

乳糖不耐症の人は、ご自身の体内に乳糖を分解する為の酵素量が少なく、消化不良を起こしてしまう事で下痢になってしまいます。牛乳や乳製品を飲んだり食べたりするとお腹がゴロゴロ言って下痢になってしまったる人は、この症状が当てはまると考えます。

 

緊張する事で下痢を起こしてしまう人は、緊張に伴うストレスで腸へ精神的なダメージを与えてしまう事で下痢を起こしてしまいます。これは緊張する事で体内の血流が悪くなり、身体が冷えてしまい呼吸も不自然な物になってしまう事から、よりストレスの影響を受け易くなってしまいます。

 

このストレスによる下痢を起こしてしまう症状は「過敏性腸症候群」と呼ばれ慢性的な下痢の症状に悩まされるだけでなく、ストレスの原因の排除を必要とする場合もあり心理療法等の治療を取り入れる場合が有ります。

 

比較ページへのリンク画像