知っておきたい下痢の種類!『急性下痢』とは?

知っておきたい下痢の種類!『急性下痢』とは?

 

下痢にも様々な症状が有りますが、大きくは慢性下痢と急性下痢に分ける事が出来ます。特に急性下痢の場合は、細菌やウイルス感染等が疑われますが、他の人への感染等にも充分注意が必要で、症状が激し場合には早期に医師の適切な診察を受ける必要が有ります。

 

 

【急性下痢とは】

急性下痢は感染症が原因となっている場合が多くあります。特に細菌やウイルス感染等があり、集団食中毒等も疑われる事から2次感染予防の観点から、医師の診察を受ける様にします。

 

主な食中毒としてはO-157やノロウイルス、サルモネラ菌、海外の場合にはコレラや赤痢等が代表的な物です。下痢症状と合わせて嘔吐は発熱等を伴う事が多く、症状が重篤になると生命への危険も有ります。

 

又、最近の発症例としてはアニサキス等の病原中による物も多く報告されております。一方では体調不良等でも急性下痢を起こす事があり、寝冷えや冷たい物の食べ過ぎの場合には、お腹を冷やしてしまう事で胃腸の働きが悪くなる事によって下痢症状を起こします。

 

食べ過ぎや飲み過ぎの場合には、胃腸の処理能力を超えた食べ物などが送り込まれてくる事により、胃腸内の粘膜などの働きが悪くなり、便の水分コントロールが追いつかなってしまい下痢を起こしてしまいます。

 

 

【急性下痢の症状】

急性下痢の場合にはとにかくトイレに何回も行くほど下痢症状が激しくなります。急性下痢の症状は、お腹がギュッと絞られる様な痛みと合わせて、トイレに何度も行ったり、トイレに行ってもお腹の痛みだけで、便が出ない事や、出る便が徐々に水溶便でほとんど水しか出ない場合や、腸内に細菌などによる炎症がある場合には血便になったりします。お腹の痛みと合わせて血便が出ているかの確認をきちんと行う様にします。

 

急性下痢の症状が激しい場合にはトイレに行く回数が1日10回以上となる場合もあり、体内の水分の不足が生じて、脳貧血で倒れてしまったり、脱水症状を起こしてしまう事もあるので、水分の補給を必ず行う様にします。

 

比較ページへのリンク画像