下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

仕事のことを考えると下痢になる人!腸管運動の異常が原因になっているかも!

腸管運動の異常

 

下痢にはさまざまな原因があります。そのうちの一つが、腸管運動の異常による下痢です。では、いったいどのような下痢なのか、詳しく見ていきます。

 

 

【腸管運動の異常による下痢とは?】

普段、ヒトが口にしたものは胃などの消化器官で消化され、小腸で養分を吸収され、最後に大腸で水分を吸収され、残りカスが大便として排泄されます。これらの一連の流れのうち、大腸の運動が異常に高まることで起こるのが、腸管運動の異常による下痢です。大腸による、内容物を動かす運動(ぜん動運動と言います)が高まることで、水分を十分に吸収する前に内容物が通過してしまい、下痢となってしまいます。

 

 

【腸管運動の異常が起こる原因とは?】

このタイプの下痢を引き起こす代表的な病気として、「過敏性腸症候群」というものがあります。日本人の15%程度が悩まされていると言われていて、特に20代~30代に多いそうです。この「過敏性腸症候群」はストレスのある生活が続くと起こります。

 

大事な商談や発表を控えたときに、通勤電車などでかかってしまう下痢をイメージすると分かりやすかと思います。

 

ストレスフルな生活を送っていると、腸内の善玉菌が増えなくなり、逆に悪玉菌が増えてしまいます。これが繁殖すると、悪玉菌を排出しようとして腸のぜん動運動が活発になり、過敏性腸症候群が起こる、ということになります。

 

 

【腸管運動の異常による下痢を防ぐには?】

解決策は2つあります。

 

まず1つ目は、ストレスフルな生活を変えることです。もちろん、仕事にいそしんでいると、繁忙期であったり、急な仕事で満足な睡眠がとれなくなる時期もあるかと思います。さらに、そういった時期こそ、ストレス解消のために飲みすぎてしまったり、夜更かししてしまうことも多いかもしれませんが、体への負担がさらなるストレスを生んでしまいます。できる限り生活習慣を変えないように配慮することが大切です。

 

2つ目は腸内環境の改善です。ヨーグルトやお漬物など乳酸菌を含むものを習慣的に食べるように意識することが大切です。また、継続的に摂るのが難しい場合はサプリメントなどもあるのでそういったものをフルに活用していきましょう。

 

こういったように普段から善玉菌をとりこむようにすると、下痢の原因となる悪玉菌の繁殖を防ぎやすくなります。

 

比較ページへのリンク画像