下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢しやすい体質!は腸内に炎症を起こす『滲出性』が原因かも!

 

「お腹をよく壊す」「下痢しやすい体質だ」、そんなふうに思われている方は、普段から薬を服用してやり過ごしているかもしれませんが、もしかすると滲出性下痢かもしれません。滲出という名前の通り、液体に近い便が出ることです。これは危険な兆候かもしれないのです。

 

 

【腸内の異常が滲出性下痢を引き起こす】

滲出性の下痢は腸の中で異常が起こっているときになることが多いのです。飲酒などでなる場合もありますが、これは「腸が弱い体質だから」というのとは別で、腸内に慢性的な炎症が起こっている可能性があります。そうした便に血が混じっていたとしたら、滲出性下痢を疑ったほうがよさそうです。

 

下痢状態は水分が多いということですが、腸内の血液や粘膜などが余分な水分としてプラスされることで起こっている下痢になるのです。悪性腫瘍や大腸炎ということもありますから、注意しましょう。これは市販の薬でどうこうできるものではありません。一時的な改善は見られるかもしれませんが、下痢を引き起こす腸の異常を治さなくてはどうしようもないのです。一度は病院で診察を受け、確認することをお勧めします。

 

 

【急性の下痢は重い症状になりやすい】

滲出性下痢は細菌やウイルスで引き起こされることもあります。普段は普通の便なのに、急にひどい下痢になったという場合は、こちらの可能性が高く、誰にでも起こる症状といっていいでしょう。よく知られているノロウイルスなどは、急性の滲出性下痢を誘発する原因です。

 

慢性的な滲出性下痢に比べると、こちらは腹痛や発熱などの症状があってわかりやすいのですが、下痢の度合はひどくなります。あまりにひどいと脱水症になったり、脳貧血を起こすこともあり危険です。子供や高齢者が死に至るという話は、これらの二次症状によるものです。すぐに病院へ行くべきでしょう。

 

慢性であれ、急性であれ、滲出性の下痢は身体の異常のサインなのです。「そういう体質だから」と軽く考えず、頻繁にそのような症状になるのなら、医師に相談するのが安心というものでしょう。

 

 

比較ページへのリンク画像