下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

ペットが下痢を引き起こす!?下痢が続く人は知っておきたいその原因!

 

下痢を起こす原因は様々あり、体調不良に伴う消化不良で有ったり、脂っこい物や冷たい物の摂り過ぎで有ったり、ストレスや冷え、ウイルス性の感染症等が主な原因とされております。通常は医師の診察を受け適切な治療を行う事で下痢の症状は治まります。しかし、中には原因の特定が難しいケースも有り、時にはご自宅で飼われているペットが原因となっているケースも有ります。そこでペットが原因の下痢に付いて考えて見ましょう。

 

 

【ペットが原因の下痢とは】

ご自身ストレス等の解消の為に飼い始めたペットが原因となる下痢は、そのペットが持っている「クリプトスポリジウム」と言われる原虫が原因となっている場合が考えられます。このクリプトスポリジウムと言う原虫は、牛や豚、犬や猫又はネズミ等の腸管寄生原虫として知られておりますが、人への感染が確認され現在は人獣共通感染症と言われております。

 

 

主な感染ルートとしてはペットの糞やペットの唾液等からの人の口を経由しての感染がその主なルートとなっております。ペットは自分の身体や肛門、更には人の顔や部屋の中のあらゆる所を舐めますので、感染ルールが部屋の中等に多く存在する事になります。

 

 

【ペットが原因の下痢の症状と処置について】

では、このクリプトスポリジウム原虫が原因とされる下痢の症状と処置に付いて考えて見ましょう。クリプトスポリジウム原虫が原因の下痢症状の潜伏期間は4日から10日程とされており、発症後の主な症状としては、水溶性の下痢、腹痛、発熱、嘔吐、倦怠感などが上げられます。

 

 

特に下痢に症状に特徴があり非常に軽度の場合から、1日に何十回もの下痢に見舞われる激しい症状の場合等も有ります。又、特に後天性免疫不全症候群(AIDS)等の免疫不全者の場合には大変重篤な下痢の症状になってしまう場合があり、場合によっては生命の危険にさらされてしまう場合が有ります。

 

 

現在までの所このクリプトスポリジウム原虫に対する特効薬が無い為、症状を悪化させてしまったり、症状が長引いてしまう事が有りますので注意が必要です。下痢の原因がはっきりと判らず、ペットを飼う様になってからこう言った下痢の症状や発熱等を起こされた場合には、一度医師の診察を受ける様にしましょう。又、飼われているペットがこのクリプトスポリジウム原虫に感染しているかを、獣医に検査してもらう事も必要です。

 

 

もしもペットがこの病原体を持っていない場合には、他のペット等から感染してしまわない様に充分に配慮する事も必要で、一方飼い主も手洗いやうがい等をきちんと行い、病原体が口から侵入してくる事を予防していく事が大切です。

 

 

比較ページへのリンク画像