下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

そのストレスフリーが下痢の原因に!リラックスの何がいけないの!?

 

下痢を引き起こしてしまう原因として多いのがストレスです。ストレスを排除してリラックス状態を保つことで症状を改善へとつなげてくれると言われていますが、リラックス状態が長く続き、だらけてしまうのも下痢体質へと導いてしまうのです。

 

 

【リラックス状態が長く続いてしまうと下痢になってしまう理由とは】

ストレスがないリラックスした状態は副交感神経が優位になりすぎしている状態となっています。副交感神経が優位に立ちすぎても自律神経のバランスを崩して、身体の調子を崩してしまうことにもつながってしまいます。そうしたことで下痢の症状を引き起こしやすくしてしまい、副交感神経が優位になりすぎている状態が長く続いてしまうと慢性的な下痢体質になってしまいます。副交感神経が優位になりすぎてしまうと、胃腸が過剰に働くようになり、リラックスしすぎている状態で生活強度が低くなることで下痢を引き起こしてしまいます。

 

 

【副交感神経を抑制する方法とは】

副交感神経を抑制するには交感神経を優位に立たせることが挙げられます。交感神経を優位に立たせる具体的な方法として日中に太陽の光を浴びることです。光を浴びることで副交感神経を抑えて交感神経を高めてくれます、日中できるだけ明るいところにいるのも効果があります。

 

 

次に運動をすることです。リラックスした状態が続いてしまうと身体に対して刺激が少なくなり副交感神経が優位に立ち過ぎてしまうので運動して交感神経を活発にします。運動は交感神経と副交感神経のスイッチの切り替わりをスムーズにしてくれる効果も期待できます。太陽の下でジョギングのような軽く汗のかく運動を行うことにより、交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整えてくれます。下痢体質の人は運動を取りいれるだけで改善できることもあるので、改善と予防として運動を日常生活に取り入れるのはとても有効と言えます。

 

 

また、下痢が続いてる場合は消化器系の筋力が衰えてしまっている場合が多いので腹筋や背筋などのトレーニングを取り入れるのも効果が期待できます。リラックスした状態でダラダラしてしまう時間を減らして、何か作業をする時間を増やすのも効果的です。作業に集中することは交感神経を活発にしてくれます。よって、副交感神経が優位に立っているリラックスした状態が続いてしまうことで自律神経が乱れて下痢を引き起こしてしまいます。

 

 

それを改善する方法として交感神経を優位に立たせて、副交感神経を抑制させることが必要で、日常生活で明るい場所にいるようにしたり、運動やトレーニング、集中力を高める時間を作ることでリラックスした状態が引き起こす下痢を改善することができると言えます。

 

 

比較ページへのリンク画像