その食べ過ぎや飲み過ぎが下痢に!暴飲暴食するとなぜ下痢になる!?

その食べ過ぎや飲み過ぎが下痢に!暴飲暴食するとなぜ下痢になる!?

 

 

ついつい食べ過ぎ・飲みすぎてしまった翌日に下痢をしてしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。家にいる時であればいいですが、外出先で下痢をしたくなったら困りますよね。そこで今回は暴飲暴食で起きる下痢のメカニズムと下痢をしないための対処法を教えます。

 

 

【下痢とは】

通常、腸の調子が整っていれば形のある便の形状になります。しかし、腸内でなんらかのトラブルが生じた時には形がない泥状のような便が出ます。便は自分の腸の調子を見るバロメーターになりますので、毎日の便の性状を自分なりに確認してみてください。そうすると自分の今の体調がだいたいわかります。

 

 

【暴飲暴食ってなに】

暴飲暴食はいつも以上も食べ物・飲み物を摂取しすぎてしまうことです。暴飲暴食を招く大きな原因の一つとしてはストレスです。ストレスにより頭の中での摂食を司る部分が上手く働かなくなることで自分自身でもやめられずに食べたり飲んだりしてしまいます。また無理なダイエット後なども空腹が続いているため暴飲暴食になりがちです。

 

 

【暴飲暴食と下痢との関係】

暴飲暴食による食べ物・飲み物の大量摂取により、腸が消化しようと頑張って活動します。しかし腸の活動にも限界はありますので、その限界を超えると上手く消化吸収できず、便に多くの水分が混ざり、その結果下痢を生じさせてしまいます。

 

 

【暴飲暴食をやめるには】

先ほども説明したように、大きな原因としてストレスが考えられますのでまずは自分のストレスについて見つめ直して、ストレス解消を図りましょう。またストレス以外にも、暴飲の場合はアルコールを大量に摂取する、暴食では添加物などがたくさん使用されているような腸内環境を悪化させる食べ物などを一度に大量摂取してしまうこともあるので、これらの食べ物や飲み物を摂取することは必要最低限にしましょう。

 

 

【まとめ】

以上、暴飲暴食による下痢についてまとめました。暴飲暴食による下痢は自分が自覚することで必ず治せますので、まずは暴飲暴食をやめて健康な食生活を送ってみてください。

比較ページへのリンク画像