下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

浸透圧性下痢の原因は何?こういった症状が出たら危険かも!?

 

つらい下痢の症状の一つに、「浸透圧性の下痢」というものがあります。いったいどのような下痢なのか、紹介します。

 

 

【浸透圧性の下痢とは?】

浸透圧性の下痢は、浸透圧の高い食べ物を食べたときに起こります。そもそも浸透圧とは、濃度の濃いところから濃度の薄いところに水分が移動する圧力のことです。大腸では、この浸透圧を利用して水分を吸収しています。しかし、食べ物の浸透圧が強いとうまく水分を吸収できなくなり、結果として水分を多く含んだ便が出てきてしまいます。これが浸透圧性の下痢です。

 

 

【浸透圧性の下痢を引き起こす食べ物とは?】

いろいろな食べ物が該当します。もっともイメージしやすいのが牛乳です。牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人がいますが、それが浸透圧性の下痢です。牛乳を分解する酵素を生まれつき持っていない人や、少ない量しか持っていない場合、牛乳に含まれる乳糖が消化されないまま腸まで到達してしまい、浸透圧性の下痢を引き起こします。

 

他にも、大量のアルコールを飲んだ場合も、アルコールを消化する酵素の働きが追い付かず、腸まで達してしまい、浸透圧性の下痢となってしまいます。飲み会で飲みすぎて腹を下すことがあるのはこのためです。その他、乳酸菌飲料やジュースの飲みすぎ、ガムに含まれるキシリトールの過剰摂取でも浸透圧性の下痢になることがあります。

 

 

【浸透圧性の下痢になってしまったときの対処法とは?】

浸透圧性の下痢は食べ物が原因のため、食事を中断して少し時間が経過すれば治ります。水分補給のつもりでジュースなどを飲むと逆効果になることもあるので、間違えないように気を付けることが必要です。

 

 

【浸透圧性の下痢の予防策とは?】

まずは、自分がどんなものを食べると下痢になりやすいかを思い返してみましょう。それらの食べ物は、食べると今後も浸透圧性の下痢を引き起こす可能性が高いです。また、どのような食べ物であっても食べ過ぎてしまうと良くありません。ストレスなどで食べ過ぎないよう、普段から落ち着いた生活をすることも大切です。

 

比較ページへのリンク画像