下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

分泌性の下痢って?何が原因になってしまうの?

 

下痢の種類はさまざまですが、その中には、分泌性の下痢というものがあります。 これは、消化管の粘膜が、多量の分泌物を出すことで起こる下痢です。 では、この分泌性下痢の特徴について説明しましょう。

 

 

【分泌性下痢とは】

分泌性下痢で多量に分泌されるのは、塩化ナトリウムなどの塩分と水分です。 これが、大腸と小腸から便へと分泌されることで、下痢の症状を引き起こすのです。

 

この分泌性下痢の原因は、何らかのウイルスに感染したことにより、体内に毒素が生成されてしまうというものです。主なものは、ブドウ球菌、コレラ菌、赤痢菌などがあります。 こうしたウイルス感染による下痢は、急性下痢となる場合が多く、頻回に多量の水様便が排出されるという特徴があります。そのため、1日に何度もトイレに駆け込まなければまりません。

 

コレラ菌に感染した場合は、1時間で1リットル以上もの水分が体外へ排出されてしまうこともあり、脱水症状になる危険が非常に高いです。 このような多量の水分の排出が、塩分と水分の分泌へとつながり、分泌性下痢となるのです。

 

 

【分泌性下痢のその他の原因】

分泌性下痢は、O-157によるものも多くみられます。 このO-157による分泌性下痢の特徴は、「ベロ毒素」と呼ばれる強力な毒素です。この毒素により、出血を伴う激しい下痢になることが多いです。 また、O-157は感染力が恐ろしく強いことでも有名です。サルモネラ菌が100万個以上でないと感染しないのに対し、O-157は100個で容易に感染してしまうのです。

 

また、ノロウイルスも多い原因のひとつです。 ノロウイルスによる分泌性下痢も、かなり激しい症状がみられます。中には、あまり下痢が続くために、トイレから離れられないという場合もあるほどです。そして、下痢と共に多量の嘔吐があることも大きな特徴です。 症状には個人差があり、それほど重くならない人もいますが、排泄物や嘔吐物に菌が多く含まれているので、周囲への感染には注意しなければなりません。

 

比較ページへのリンク画像