下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

その下痢の原因はストレスかも!こういった症状があるなら要注意!

 

生きていればストレスを受ける事は避ける事ができません。そして時にはそのストレスの影響で下痢を起こす事があります。ここではストレスと下痢の関係について知りましょう。

 

 

【過敏性腸症候群】

下痢には大きく急性下痢と慢性下痢があります。ストレスを受ける事で起きる下痢は慢性下痢になります。そしてそのほとんどは過敏性腸症候群と呼ばれます。ストレス社会と言われる社会では珍しくもありません。  

 

症状が3週間程度継続したり月に3回以上の腹痛や下痢が3か月以上も続く時には、過敏性腸症候群になっている事が考えられます。特に20代から30代の人に多く発生するとされています。  

 

慢性的な下痢に苦しんでクリニックを訪れる多くの人が過敏性腸症候群である事が多いのです。ストレスから下痢を起こすのは腸に問題があるというよりも、精神的な影響によるところが大きいです。  

 

胃や腸などは自律神経が深く影響を与えると考えられています。不安や緊張が多いとストレスを受ける事も多いので、自律神経に異常を生じて腸の動きが急に活発になったり、腸管が痙攣を起こして腸内の水分調整機能が悪くなり下痢を起こします。

 

 

【過敏性腸症候群の対策】

まじめで神経質な人がなりやすいとされています。ストレスが一番の原因になりますから、ストレスをかけないように生活する必要があります。しかし、ストレスを受ける程度は性格などの問題もあります。  

 

といって性格をおいそれと変える事は困難です。ですから過敏性腸症候群と上手く付き合うようにするといいでしょう。例えば生活のリズムを見直してみましょう。早寝早起きで規則正しい生活を送る事も重要です。  

 

また自分のストレスを抜ける方法を見つけましょう。自分が好きな事でもいいので、リラックスできたり楽しめる時間を持てたらそれがストレス解消になります。 

 

過敏性腸症候群による下痢対策に下痢止めを使う人もいますが、根本的な解決にはなりません。無理しない範囲で生活態度を改めるようにするといいでしょう。

 

比較ページへのリンク画像