下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢の原因は腸内環境の悪化?あまり知らない腸と下痢の関係!

 

下痢の原因の中には、腸内環境の悪化があります。 便の状態には、腸内の環境は重要なものであり、これが乱れてしまうと、下痢の他にも便秘などの症状が出てきます。 しかし、腸は敏感な部分なので、生活習慣やストレスなどにより、環境が悪化しやすいのです。 そのため、下痢を予防するには、腸内環境を整えることが必要となります。 では、腸内環境の悪化と下痢について、詳しく説明しましょう。

 

 

【腸内環境の悪化による下痢とは】

腸内環境と下痢の関係で重要なものとして、善玉菌と悪玉菌があります。 腸が正常な状態に保たれていれば善玉菌が多いのですが、腸内環境が乱れてしまうと、悪玉菌の方が優勢になってしまいます。それが、下痢を引き起こすことになるのです。

 

まず、悪玉菌ばかりが増えると、腸の内容物を腐敗させ始めます。この腐敗が進むと、アンモニアなどの有毒なガスが体内で発生してしまいます。さらに、未消化の食べカスからは毒素が出てきて、腸に悪い影響を与えます。 すると、腸はそうした毒素を排出しようとするため、下痢が起こるのです。

 

これには、腸の動きが鈍くなることも関係しています。 腸がしっかり動いていれば、食べたものが腐る前に、速やかに体外へ排出することができますが、動きが悪いと、いつまでも不要なものが残ってしまいます。そうなると、毒素の発生源が多くなってしまうのです。 これらの事態を防ぐためには、腸内環境を整えなければなりません。そのためには、善玉菌を増やすことが重要となるのです。

 

 

【悪玉菌が増える原因と対策とは】

腸内の悪玉菌が増えるのは、いくつかの原因が考えられます。 まずは、食生活が乱れていることです。 悪玉菌のエサとなるものはタンパク質なので、肉ばかりの偏った食生活を続けていると、悪玉菌に大量のエサを与えてしまうことになります。 そのため、悪玉菌を減らすには、野菜を中心とした食事を心がけることが大切です。

 

悪玉菌のエサがタンパク質なら、善玉菌のエサは食物繊維なのです。

 

そして、もうひとつの原因は、生活習慣の乱れです。

 

運動不足や睡眠不足、不規則な生活などは、悪玉菌の増殖を促進させることになります。 そのため、規則正しい健康な生活を意識し、適度に体を動かすことは大切です。 しっかり睡眠をとって生活のリズムを整えれば、自律神経を整えることにもつながります。自律神経の乱れは、腸内環境に悪影響を与えるので、正常なバランスを保つ必要があるのです。

 

また、ストレスでも悪玉菌は増加するので、運動でストレスを解消するのは効果的な方法と言えます。 このように、悪玉菌の原因を把握して正しい対策をとれば、腸内環境の悪化による下痢は防ぐことができるでしょう。

 

比較ページへのリンク画像