下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢と睡眠不足の意外な関係!起床時に身体が重い人は要チェック!

 

子どもから大人まで悩むことが全くない方が珍しいのが「下痢」です。下痢をする人は自分の身体をコントロールする自律神経のバランスが整ってないため、逆に便秘になることもあります。それは逆に便秘をする人にも言えることです。特に現代の若い人たちに深刻にあげられる問題で、仕事だけでなく、インターネットやテレビ、ゲームなどの娯楽も原因になっています。

 

 

【なぜ起きて身体が重いと良くないのか?】

起きた時身体が重いのは睡眠の質が悪いからです。どんなに睡眠時間をとっても睡眠の質が悪いと、睡眠不足になり、起きた時身体が重くなってしまいます。私たちの身体には昼と夜のリズムをコントロールするメラトニンというホルモンがあります。メラトニンというホルモンが多く分泌されると人は眠りについていきます。しかし仕事や娯楽で意図的にメラトニンの分泌を阻止してしまうと、そこで自律神経のバランスが崩れてしまうため、しっかりとした睡眠を取れなくなってしまいます。

 

 

【なぜ睡眠の質と下痢は関係するのか?】

睡眠の質が崩れているということは自律神経のバランスが崩れているということです。自律神経のバランスが崩れると便を固めるのと柔らげる割合がおかしくなってしまいます。便を柔らげるのは副交感神経です。特に寝る直前まで娯楽をしていたり、何かを食べていると交感神経が優位になり、副交感神経になり眠りにつけるまで時間がかかってしまいます。

 

また副交感神経になって時間を置かないまま眠りにつくため、下痢をしやすくなってしまいます。また睡眠時間を確保するために日中にたくさん寝てしまっても腸のリズムを崩してしまいます。胃腸は日中に活動的になり、夜に休もうとします。そのリズムを睡眠で崩してしまうことで下痢を起こしやすい体質にしてしまいます。

 

 

【睡眠の質を整えるには!】

まずは日中と夜のリズムを正すことです。日中にしっかり動き、その疲れを早めの夜の睡眠でとることが一番大事になります。寝る直前まで食べたり、興奮してしまうゲームやテレビを控えたり、逆に日中まで寝過ぎないことが日々の良質な睡眠につながっていきます。

 

 

比較ページへのリンク画像