下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

その下痢は接待続きによる【腸疲労】が原因かも!?

 

【腸が弱ってしまう“腸疲労”とは?】

腸はストレスに敏感な器官ですから、連日ストレスフルな生活が続くと、腸に負担がかかりすぎてしまい、腸の働きが鈍くなってしまいます。これが“腸疲労”の状態です。ストレスだけでなく、睡眠時間が少ない、栄養バランスが偏っているなどの原因で腸疲労になることもあります。

 

接待はストレスが溜まるのはもちろん、食事に行ったりするとついつい揚げ物ばかり食べてしまったりします。腸の気持ちになってみれば、疲れてしまうのも納得ですね。

 

 

【腸疲労が下痢を引き起こす】

腸の働きは大きく分けて3つあります。

 

 

  • 食べ物から栄養分を消化・吸収する働き
  • 食べ物から水分を吸収する働き
  • 便を排出する働き

 

以上の3つです。

 

腸疲労では、これらの働きが鈍くなってしまいます。特に、②の食べ物から水分を吸収する働きが鈍くなってしまうと、便が固まらないまま排出されるため下痢の症状を引き起こしてしまいます。

 

また、①の働きが鈍くなることで、腸内に「悪玉菌」が増えてしまい、さらに消化・吸収が進まなくなって臭いおならの原因となります。③の働きが鈍くなると、便がなかなか排出されなくなるので便秘になります。このように、腸疲労によってさまざまな悪影響が出てしまうということになります。

 

 

【腸疲労になってしまったら】

腸が疲れているわけですから、休ませてあげることが大切です。具体的には、ご飯を食べないことです。食べなければ腸が働くこともないので、効果的です。とはいえ、まったく食べないのはつらい、という人もいると思いますので、その場合はヨーグルトやフルーツなど、腸に負担のかからないもので済ませるのがいいでしょう。ただし、食べないと言っても水分はきっちりとりましょう。できるなら、温かいお湯がいいです。下痢でただでさえ水分が足りないうえに、消化には大量の水が必要なためです。

 

 

【腸疲労を普段から防ぐには】

まずは、普段の生活習慣や食生活を見直しましょう。そのうえで、ヨーグルトなどを習慣的に食べることで、腸内に善玉菌を増やし、腸内環境を良好な状態に保てればよりいいです。さらに、オリゴ糖や食物繊維を含む食品を食べることで、善玉菌を増やすのを助けることもできます。普段の食生活から意識的に取り組むことが大切です。

 

比較ページへのリンク画像