下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

なぜ寝ている時に下痢を漏らしてしまうの?その原因と対処法!

 

最近では、高齢者だけでなく若い方に増えてきている便失禁はご存知でしょうか?その名の通り、便を抑制できないことを言うのですが、夜中に寝ている時に便が出てしまっては困りますよね。しかし、出てしまうということは体が正常ではなく何かのサインを出しているということです。そこで、今回は夜中に腹痛や下痢を起こしてしまう原因と対処法をご紹介したいと思います。

 

 

【原因①消化不良と対処法】

外食が続いて栄養が偏っていたり、暴飲暴食したり、辛い物などの刺激物を食べ過ぎたり、脂肪分が多い食事を続けていると食べた物がしっかり消化できず消化不良になり、腹痛や下痢になってしまいます。また、ストレスや疲れが溜まっていると自律神経のバランスが乱れ胃腸の機能が低下してしまいます。

 

胃腸の機能が低下しているので何を食べても消化不良になり腹痛や下痢になってしまうのです。このような場合は、食生活を見直すことが第一です。お酢などの酸っぱい物は唾液や胃液の分泌を促し消化を助けてくれまるので、食事での摂取がおススメです。

 

また、ストレスを感じている場合は適度な運動などでストレス発散することをおススメします。ストレス発散に暴飲暴食をしては意味がないのでご注意ください。

 

 

【原因②便秘と対処法】

便秘によって便がお腹にたまると同時に排出されるべきガスもお腹にたまっています。ガスは、便秘でない方の場合1日500~2,000ccも放出されていますが、便秘の方はそれだけお腹にためているのです。結果腹痛や下痢になってしまうのです。

 

このような場合は、食物繊維の摂取がおススメですが水溶性の食物繊維は下痢の場合、余計に症状が悪化してしまう可能性もあるので、水に溶けない不溶性の食物繊維であるごぼうやイモ類での摂取がおススメです。

 

 

【原因③過敏性腸症候群】

消化不良や便秘の対処法を行っても効果が出ない場合は病気の可能性もあります。その一つの過敏性腸症候群は血液検査や内視鏡でも発見できない病気で心身症の一つと考えられています。強いストレスを感じていたり解決できない悩みがある場合は心療内科に行くことも一つの方法です。

 

どのような原因であれ、症状が悪化しないためにも早めの対処を行うことが大切になります。

 

比較ページへのリンク画像