下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

『寝過ぎ』で下痢になる?睡眠に隠された驚くべき身体の変化とは?

 

【寝過ぎると下痢になる原因とは】

寝過ぎると下痢を起こしてしまう原因として言えるのは、長い時間同じ姿勢で寝ていることによって筋肉が固まり、血流が悪くなることで、身体が冷えてしまうことが原因で下痢を起こしてしまうと言われています。

 

また、寝ることは身体がリラックスしている状態でもあるので、副交感神経が優位に立っている状態になります。副交感神経が優位になると大腸が活発に働きます。なので、寝過ぎるということは副交感神経が優位になっている時間が長くなり、大腸が活発になっている時間も増えるので下痢になってもおかしくない状態に陥ってしまうのです。

 

副交感神経が優位な状態が長く時間続いてしまうと、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできなくなることで自律神経の乱れにつながり、下痢を引き起こしやすくなってしまいます。寝過ぎることで起こる症状で下痢の他に頭痛を併発してしまう場合が多いとも言われています。

 

副交感神経が優位になることで血管が拡張したことで脳内の血管も拡張することで神経が刺激されることで下痢と頭痛を併発させてしまうと言われています。寝過ぎると決まって下痢と頭痛が起こる場合は、睡眠時間を考える必要があります。

 

寝過ぎてしまうことで睡眠の質が低下し、それによって寝ても寝たりない状態となったり、長い時間寝てしまうことにもつながってしまうのです。

 

 

【下痢が起こらない適度な睡眠時間とは】

丁度良い睡眠時間というのは個人差があるので、何時間寝れば下痢にならないと言い切るのは難しいですが、下痢の原因を作らない生活リズムを作ることを意識すれば、寝過ぎることが原因で下痢になってしまうのを改善し予防できると言えます。

 

ポイントは休みの日であっても平日と変わらない時間に起床することです。どうしても睡眠時間を取りたい場合でも、平日に起きる時間プラス2時間までの範囲にとどめておきます。それ以上寝るのは寝過ぎと考えて良いです。

 

休日だからといって寝る時間を多く取りすぎてしまうと、不規則になってしまい、自律神経が乱れてしまいます。自律神経の乱れも下痢を引き起こしてしまいやすくなります。疲れているから、休みの日だからといって長く寝てしまうことは自律神経を乱れさせてしまい、冷えや血流を悪くしてしまうので良いことではないことが分かります。

 

寝過ぎによる下痢を改善させるには、休日であっても平日と同じくらいの時間に起床し就寝することで、生活習慣が乱れないようにすることが一番大事と言えます。休日に寝過ぎてしまうことは睡眠の質を下げることにもなります。睡眠の質が下がると身体の血流が悪くなって、冷えて下痢を引き起こしやすい腸内環境となってしまいますので、睡眠の質を上げて、腸内環境を整えることは下痢を改善させることにもつながると言えます。

 

寝過ぎて下痢を起こしてしまうということは、自律神経が乱れ、睡眠の質が下がっている証拠なので、下痢を改善する生活習慣を身に付け、毎日の起床と睡眠時間のズレを大きくしないことが腸内環境を良くして、睡眠の質を上げ、下痢を引き起こしにくくする秘訣と言えます。

 

比較ページへのリンク画像