下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

手足が冷え性の人はなぜ下痢を起こしやすい?身体の内側で起こる驚愕の真実とは?

 

【手足の冷え性が下痢を引き起こしやすい理由とは】

手足が冷えてしまうというのは、うまく血流が行っていないことが原因で引き起こします。体温と外気温の調節ができないことで手足が冷たくなり冷え性になるのです。では、手足が冷えてしまうと下痢になりやすい理由はなんでしょう。

 

実は血流の流れが正常に行われないことで大腸の働きに影響を与えてしまうからです。下痢は大腸内で本来吸収される水分が吸収されずそのまま便として排出されてしまうことを言いますが、大腸がきちんと働いている状態だと大腸内で水分を吸収してくれるのが、冷えることで血流の流れが悪くなり、血液がドロドロになって流れが滞ってしまうことで大腸の働きも鈍くなり、腸内環境が悪化してしまうことで下痢を起こしてしまいます。

 

よって、手足が冷えることが原因で下痢が起こりやすい理由をまとめると、冷えることで血液循環や血流の流れが上手くいかなくなることで大腸の働きも鈍くなることが原因で冷えによる下痢を引き起こしてしまうと言えます。

 

 

【手足が冷えることによる下痢を改善する方法はあるのか】

手足の冷えを改善することが先決です。手足の冷えというのは手足を温めても温まらないケースが多いです。手足が冷えることは血流の流れが悪くなってしまっているのと同時に血液がドロドロとしている状態になっているからだと言えます。

 

ドロドロとした血液になってしまうのは食生活や運動不足といった普段の生活習慣の乱れが原因で手足の冷えを引き起こしてしまうので、生活習慣の改善が必要になります。運動をすることで血液がサラサラになります。そうすると手足の冷えが改善されると言えます。食生活を見直すことも大切で、栄養バランスが整った食事を心がけ、野菜などビタミン多く摂取するようにすることも血をサラサラにすることにつなげてくれます。

 

手足が冷えると血液の状態が悪くなっているので温めるだけでは改善することが難しいです。血液の状態が悪いまま続いてしまうと大腸の働きも鈍くなるので下痢を引き起こしやすくなるので、血液を良い状態に改善するために生活習慣を見直すことが下痢改善につながるのです。

 

比較ページへのリンク画像