下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢を引き起こす添加物!こんな食品には要注意!

 

下痢になる原因はさまざまありますが、その中の1つとして食品添加物が挙げられます。体調や体質によっても異なりますので一概にはいえませんが、一般的に下痢を引き起こしやすいといわれている添加物を含む食品類について説明します。

 

 

【ハムやソーセージなどの食肉加工品】

毎朝の朝食などでよく食べるソーセージやハムですが、製造する過程でたくさんの食品添加物を含んでいます。代表的なのは亜硝酸Naで、いわゆるナトリウムのことです。

 

この添加物は毒性が強いため、下痢を引き起こしやすいといわれています。いつもは大丈夫でも、体調が悪いとき、胃腸が弱っている時などは下痢の原因となりますので、食べ過ぎに注意しましょう。

 

また食肉に含まれるアミンという成分に反応して発がん性物質を生成するともいわれています。添加物と一緒にビタミンCが含まれているのはこれを抑制するためですが、魚肉も含め食肉加工品を食べるときはビタミンCが豊富な野菜と一緒に食べることが望ましいでしょう。

 

 

【レモンなどの輸入食品】

多くの輸入食品は貨物船で何十日もの日数をかけて日本に輸入されています。そのため生野菜、生果物は防腐を防ぐために添加物が大量に使われています。

 

特にレモンはグレープフルーツはよく見ると白い目でみえるほどの防腐剤がかけられていることで有名です。カビの繁殖を防ぐオルトフェニルフェノールなど、他にも数種類の添加物が防腐剤として使用されています。中には動物実験の結果、発がん性があるとは発表されている添加物も含まれます。また妊娠中に大量に摂取すると異常の原因になる恐れもあるといわれています。

 

悪影響があるリスクを考えると、国産のレモンやにんにくなど、全体的に輸入品よりお値段は高くなりますが、特に妊娠中は注意して選んだ方がよいでしょう。普段食べる時もしっかりと洗った上で皮を取り除いて食べることが大切です。中の果肉にも添加物が浸透していることもありますが、ある程度は防げます。レモンティーには国産レモンを使うなど、国産と輸入品を使い分けることがおすすめです。

 

比較ページへのリンク画像