下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

食品添加物の問題点が下痢の原因に?もっと早く知っていればと後悔しないために!

 

[食品添加物と下痢]

私たちは、普段何気なく食べている食品には、ほとんどと言っていいほど食品添加物が含まれているのです。そのため、おなじ食品を食べても体調により下痢を起こしたり、下痢を起こさなかったりという経験は少なからずいると思われます。

 

この食品添加物は安全性があると言われておりますが、体に悪影響をおよぼすものもあります。胃腸の弱いかたや、下痢を起こしやすいかたなど、食品添加物の成分表を見て出来るだけ避けた方が良いと思われます。

 

 

「食品添加物成分」

着色料(カラメル色素)

使用されている食品: 菓子、ソースなど。

 

問題点
動物実験で下痢、活性酸素を発生させるようです。

 

 

ブドウ糖多糖、デキストラン、安定剤、増粘剤、ゲル化剤など

使用される食品:ゼリー、麺類、水産練り物製品など。

 

問題点
動物実験で粘着便、血便、腸症びらん出血など。

 

 

酸化防止剤(亜硫酸ナトリウム、亜硫酸ソーダなど)

使用される食品:パーム原料油、マーガリン海老のむき身、ぶどう酒など

 

問題点
染色体異常、動物実験で歩行失調、潰瘍形成、消火器出血、肝臓うっ血、胃腸の刺激など。

 

 

漂白剤(亜硫酸ナトリウム、亜硫酸ソーダ、ピロ亜硫酸ナトリウム、亜硫酸塩、ハイドロサルファイト、二酸化硫黄など)

使用される食品:海老のむき身、かんぴょう、ぶどう酒など

 

問題点
胃腸に刺激、下痢、嘔吐など

 

 

苦味剤(カフェイン)

使用される食品:チョコレート、コーラなど

 

問題点
空腹時に摂取すると胃酸が増加し胃潰瘍になる原因、体質により腹痛や下痢、嘔吐など。

 

 

膨張剤、かんすい、PH調整剤(炭酸カリウム、炭酸ソーダ、炭酸ナトリウム、重曹など)

使用される食品:中華そば、ワンタン、餃子、シューマイなど

 

問題点
消化管粘膜にただれ、胃腸に潰瘍があるときは悪化します

 

 

乳化剤(ポリリン酸ナトリウム、ポリリン酸カリウム)

使用される:食品:ジュース、清涼飲料水、水、みそ、アイスクリーム、生クリームなど

 

問題点
動物実験で胃出血、腎障害、高死亡率など ・膨張剤(ミョウバン、アルミニュムミョウバン、塩化アンモニウム) 使用される食品: なすの漬物、うに、ゆでダコ、ベーキングパウダー、栗の煮物など 問題点: 高濃度のものは炎症、ただれ、嘔吐、下痢など

 

 

調味料(塩化カリウム)

使用される食品:スポーツドリンク、パン、漬物、ソーセージ、ソースなど

 

問題点
多量に飲むと消化管刺激、嘔吐、食欲不振など ・色調安定剤(グルコン酸鉄) 使用される食品: オリーブ 問題点: 胃腸障害,子供では嘔吐、などがあります。

 

 

防腐剤、発色剤(亜硫酸ナトリウム)

使用される食品:ハム、ソーセージ、ベーコンなど

 

問題点
下痢、嘔吐、血圧低下、眼球の崩壊、尿細管の閉塞、中枢神経麻痺、遺伝子障害、染色体異常など。

 

 

「食品添加物と腸内環境」

食品添加物がひとつの原因にあげられる病気として、アトピー性皮膚炎、花粉症、過敏性胃腸炎などがあると一部の専門家が示唆しております。 これは食品添加物が腸内細菌に悪影響を与えていると確認されております。

 

特に合成保存料は、腸内細菌の増殖を抑える成分なので、これを摂取し続けると、腸内細菌が減り、腸内環境を悪くしてしまうのでますます下痢を起こしやすい腸内環境になってしまいます。 まずは、食生活を改善し、腸内環境を良くすることが下痢の改善の一歩となるのです。

 

 

比較ページへのリンク画像