なぜチョコレートが嘔吐や下痢を引き起こす?本当は恐い身体への影響!

なぜチョコレートが嘔吐や下痢を引き起こす?本当は恐い身体への影響!

 

冷たい飲み物を飲んだりアイスを食べたり、お腹が冷えていたりすると下痢をしてしまったりします。下痢をすると便の水分は90%以上になり、トイレに行く回数も増えたり、ついでにお腹が痛くなってしまったり、嘔吐をすることもあるようです。下痢や嘔吐の原因は様々あるようですが、チョコレートの食べ過ぎからもあるようです。知らない人も多いと思うので説明をしていきたいと思います。

 

 

【チョコレートの食べ過ぎでの下痢について】

チョコレートは甘いし美味しいので好きな食べ物という女性もいるかと思います。チョコレートの食べ過ぎで下痢をおこしてしまう原因としては、チョコレートには脂肪分が多く含まれています。この脂肪分が沢山含まれているチョコレートを食べ過ぎると、食べ過ぎてしまった場合には脂肪分が身体の中で上手く消化できないので消化不良をおこしてしまいます。水分などの吸収もできなくなるので下痢をおこしてしまうのです。お腹がもとから弱い人もですが、健康な身体の人でもチョコレートを食べ過ぎたら下痢をしてしまうことがありますので注意が必要になります。ポリフェノールの1日の理想的な摂取量は約1,500mgになります。

 

 

【チョコレートの食べ過ぎによる嘔吐について】

次にチョコレートの食べ過ぎによる嘔吐をしてしまう原因なのですが、チョコレートに含まれているカフェインが原因になります。カフェインを大量に摂取してしまいますと、胃の粘膜が刺激されて胃酸が過剰に分泌されてしまいます。この胃酸が胃の粘膜を傷つけてしまうことから嘔吐をおこしてしまう原因になるのです。

 

 

それ以外にもあまり知られていないようですが、チョコレートのアレルギーというものもあるようです。チョコレートアレルギーとは、チョコレートに含まれているニッケル、チラミンという成分からアレルギーがおこってしまうのです。ニッケルというのは触れたりしたら、金属アレルギーをおこしたりもします。チラミンは、血管浮腫物質が含まれていて、嘔吐してしまうようです。チョコレートアレルギーは症状として嘔吐以外にも、じんましん、下痢、かゆみ、発疹、頭痛、鼻血などの症状があります。

 

 

チョコレートは小さい子どもからお年寄りまで人気の食べ物になります。美味しいからといって、ついつい食べ過ぎでしまうと、下痢や嘔吐などの体調不良をおこしてしまったりする可能性もあるのです。適切な量を守りながら食べるようにしましょう。

 

 

比較ページへのリンク画像