下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

日本古来の梅干しパワー!下痢に対する効果が凄いと話題に!

 

梅干しは古くから日本人が食してきた食べ物です。おにぎりの具にしたり、お弁当に梅干しを入れて置くと殺菌効果があり、食中毒を防ぐと言われてきました。食中毒の症状である下痢にも効果があるわけですが、その理由などを解説したいと思います。

 

 

【クエン酸の効果】

梅干しが酸っぱいのはクエン酸が多く含まれているからです。クエン酸には大変優れた「殺菌作用」があり、梅干しを食べることで胃や腸で腹痛を伴うような下痢や吐き気を起こしている細菌を攻撃して殺してくれます。また、酸っぱいものを食べると唾液がでますが、この唾液と胃液の分泌されることにより、消化不良を防ぐことができます。消化不良は下痢の原因になりますから、下痢や嘔吐を抑制してくれるのです。

 

また、慢性的な下痢の場合は腸内がアルカリ性になっています。悪玉菌はアルカリ性が大好きです。クエン酸は、腸内を正常な弱酸性に戻してくれる効果あるため、下痢の症状の改善が期待できます。

 

 

【梅干しの抗酸化作用】

梅干しに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があります。抗酸化作用とは体に害を与える活性酸素を除去するものです。活性酸素は胃腸を攻撃することで内壁にダメージを与えるため、食べ物をうまく消化できなくなります。消化不良のため、下痢を引き起す原因となります。梅干しには活性酸素を除去してくれる効果があるため、下痢の症状を改善してくれるのです。

 

 

【梅干しの制菌作用】

最初に書いた通り、梅干しには細菌の殺菌作用があります。昔から、日本では梅干とご飯を一緒に食べますが、それは食が進むだけではなく、食あたりになりづらいからということもあります。実際に梅干しには食中毒を引き起こす黄色ブドウ球菌や大腸菌の増殖を抑えることが分かっています。このように菌を増やさない作用を制菌作用と言います。人は体の中に異物が入るとそれを排出しようとして下痢になります。制菌作用のある梅干しは下痢になりにくくしてくれる効果が期待できます。

 

 

【まとめ】

梅干しに含まれるクエン酸やポリフェノールにより、下痢を改善する効果がありますが、胃の調子が悪い時は控えたほうがよいでしょう。梅干しだけでなく、酸っぱい食べ物は、胃酸が出すぎてしまうため、胃が炎症を起こしている時に食べると症状が悪化する可能性があるからです。ほどよい量を食べる分には問題ありません。下痢の改善、予防のため毎日1つずつ食べたいものです。

 

比較ページへのリンク画像