下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢から身を守る為に知っておきたい『身体を冷やす食べ物』!

 

夏は暑いからと言って、冷たいものばかり食べるとお腹を冷やしていまいます。そのため、お腹周辺の血行が悪くなり、胃腸の動きが鈍くるのです。それが原因で、消化不良を起こしやすくなり、下痢が起こりやすくなります。そこで、ここでは冷たいもの以外にお腹を冷やしてしまう食べ物について取り上げます。下痢予防に役立ててほしいと思います。

 

 

【お腹を温める野菜と冷やす野菜】

 

大根、にんじんなど、地面の下にできる野菜やかぼちゃなどの冬野菜は体を温め、上にできるものや夏野菜が冷やすと言われています。キュウリやなす、トマトなどがお腹を冷やす野菜なのですが、生で食べると下痢になりやすいため、炒めたり、煮たりと火を通して食べることをオススメします。

 

 

【魚や肉について】

魚や肉にも温めるものと冷やすものがあります。まず、魚はそのほとんどの魚がお腹を温めるものです。ただ、うなぎやはもなど冷やすものもあります。北の海で獲れる魚が体を温めやすいと覚えておくとよいでしょう。肉は、赤身よりも脂身の方がお腹を冷やしてしまいます。脂っこいものを食べると下痢をしやすいのはこのためです。

 

豚肉は沖縄など、気候の暖かいところで食べられていますが、体を冷やす食べ物です。逆に北海道でジンギスカンとしてよく食べられるラム肉は体を温めてくれる食べ物です。人は気候に合わせて食べ物を選んでいるんですね。

 

 

【調味料でもお腹が冷える】

唐辛子などの香辛料は汗が出て体が温まりますよね。お腹を温めてくれるのですが、ぜん動運動が活発になり過ぎて下痢をしてしまうこともあるため注意が必要です。また、砂糖は黒砂糖より白砂糖のほうがお腹を冷やす調味料になります。

 

 

【まとめ】

お腹を冷やしてしまう食べ物が下痢を引き落とし要因にはなりますが、夏はやはり体を冷やす必要もありますから、冷やす食べ物を食べることもあるでしょう。そんな時にはお腹を冷やすものばかり食べ過ぎないように注意し、下痢をしなように注意したいですね。

 

比較ページへのリンク画像