下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

ウイルス性胃腸炎と相性がバッチリな梅干し!その効果とは?

 

皆さんは、ウイルス性胃腸炎になったことはありますか?ウイルス性胃腸炎になると発熱や脱水症状、下痢、吐き気が一気に襲ってきます。水分を摂取したくても体から排出しようとするので、なかなか難しいです。そんな状態でも食べられ、症状改善の効果があるのが梅干しです!どのような効果があるのか紹介します。

 

 

【梅干しのクエン酸が効く!】

梅干しを食べた時の酸っぱい味はクエン酸によるものです。クエン酸にはとても殺菌効果がありますので胃腸炎の原因になる細菌を攻撃し、殺菌してくれます。さらに、すっぱいものを食べた時に分泌される唾液や、胃腸の消化液の殺菌効果も相まって、ダブルパンチで胃腸炎に効果を発揮します。

 

 

【脱水症状には塩分も】

体の水分という水分が体外に排出される胃腸炎では水を摂取しても脱水症状はなかなか改善しません。そこで重要なのは塩分です。一口に塩を摂取しましょうといっても、何も食べられない状況ではなかなか難しいのではないでしょうか?そこで、梅干しです!梅干しには塩分もたくさん含まれていますので脱水症状の緩和や予防にも効果を発揮します。

 

 

【調子を整える効果も?】

胃腸炎が終息に向かっていき、症状も落ち着いてきたのに胃が痛かったり、調子が優れないこともあると思います。そんなときにも梅干しです。梅干しには胃腸の調子を整え、体に元々備わっている解毒機能を高めてくれる効果があります。

 

梅干しに含まれる成分の一つである「シガレシノール」という成分がピロリ菌の働きを止めてくれます。なので、胃痛の時にも梅干しは有効で症状が軽くなるはずです。ピロリ菌といえば、胃炎の原因や胃がんの原因にもなりうる、あまり好かれていない菌として知られています。

 

 

【まとめ】

あまりに症状がひどい場合には病院へ行くことが先決ですが、自宅で何も食べられない時は梅干しを食べてエネルギーチャージをしていただきたいと思います。しかし、食べすぎもよくないので適度な個数を摂取してくださいね!

 

比較ページへのリンク画像