下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

なぜ下痢の時は生姜が良いの?その秘密は2つの成分にあった!

 

これから冷たい物を食べる機会が多くなる季節。実はその結果、下痢になりやすい季節でもあるのです。私たちの腸は消化酵素という酵素の働きで食べ物を消化しています。

 

しかし、冷たい食べ物を食べていると消化酵素が働くには温度が低くしっかり働くことができなくなります。そして、消化不良になってしまいます。さらに冷たい食べ物が腸を刺激し運動を活性化させてしまい、消化不良のものがそのまま排出されようとしまうため下痢が起こるのです。

 

では、どのようにして下痢を予防すると良いのかというと、もちろん冷たいものを食べることを減らすことが重要ですが、他に体を温める食べ物を一緒に食べるという方法があります。

 

その代表格が「生姜」です。冷奴やそうめんに生姜が付け合わせになっているのは、しっかりとした理由がありました。生姜に含まれる「ジンゲロール」と「ショウガオール」という成分は体を温めてくれる働きがあるのです。

 

 

【「ジンゲロール」と「ショウガオール」の違い】

しかし、生姜に含まれる「ジンゲロール」と「ショウガオール」にはそれぞれ違う働きがあります。「ジンゲロール」は体の芯を冷やして表面を温める働きを行い、「ショウガオール」は体の芯から温める働きを行います。つまり、下痢などの時は「ショウガオール」で体の芯から温めるようにしましょう。「ジンゲロール」は生の生姜に含まれる成分で、それを加熱や乾燥させると「ショウガオール」が発生します。なので、生の生姜ではなく加熱や乾燥させた生姜を摂ると良いというわけです。

 

 

【さらに効果をアップさせる○○とは?!】

「ショウガオール」が下痢に効果があることは分かりましたが、ではその効果をよりパワーアップさせる食べ物があります。それが「はちみつ」です。

 

はちみつには、豊富なビタミンとミネラルが含まれ、強力な殺菌作用があります。さらに、腸内細菌である善玉菌のビフィズス菌を増やしてくれることから腸内環境を改善することができるのです。つまり、生姜とはちみつを組み合わせることで、体の芯からを温めて、腸の消化を促し、殺菌、善玉菌を増やし腸内環境を整えることができるのです。

 

水にすりおろした生姜とはちみつを加え、火を入れるかレンジで温めれば簡単に生姜とはちみつのホットドリンクができます。是非、下痢の時にお試しください。ただし、体に良いとは言え食べ過ぎは厳禁です。生姜は刺激があるため食べ過ぎると胃腸を刺激し、下痢を悪化させることもあるので適量を守って摂るようにしてくださいね。

 

比較ページへのリンク画像