下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

え?ミントが過敏性腸症候群の救世主に?その驚くべき力とは?

 

過敏性腸症候群とは腸の検査や血液検査で特に異常がないと診断されているにも関わらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。主にストレスで症状が悪化するため、心身症の一種とされています。過敏性腸症候群には万能ハーブといわれるミントが効果があると言われています。ここではミントの効果について解説したいと思います。

 

 

【ミントとは】

ミントとはシソ科に属する植物の総称です。多年草のものと一年草のものがあり、世界中で約300種類が栽培されています。日本ではハッカとして親しまれ、江戸時代から栽培しています。ミントは繁殖力が強く、あまりにも増えすぎて雑草扱いされることもあるほどです。

 

少しでも根が残っていれば、そこからまた生えてくるため、ほかの植物と一緒に植えることは避けた方がいいでしょう。ミントの葉の爽快感のある強い香りは、歯磨き粉やガムの香料としても使用されています。

 

 

【ミントの効果】

ミントの清涼感ある香りは、メントールという成分で、血管の拡張や消化不良、喉の炎症を改善してくれます。また、ミントには気分を落ち着かせる効果もあります。最近では腸の調子を整えてくれる作用があると言われ、嘔吐、下痢、便秘、腹部膨満感の改善に効果があります。

 

そのほか、強い殺菌作用があり、虫除けスプレーに利用されたり、風邪防止や鼻炎の予防にも効果があります。さらに鎮静作用もあるため、リフレッシュしたい時や頭痛が気になる時、ぐっすりと眠りたい時などにもおすすめです。もちろん乗り物酔いや吐き気の予防にも役立ちます。

 

 

【ミントの摂取方法】

ミントはキャンディーやガムなどで簡単に摂取できますが、ミントティーとして楽しむのがおすすめです。ミントの清涼感を楽しみ、さらに温かいお茶が心身ともにリラックスさせてくれます。

 

 

【まとめ】

ミントは手軽にできる過敏性腸症候群に対する対策です。ただ、併行して食生活の改善、またストレスを解消させるために対策も必要かもしれませんね。

 

比較ページへのリンク画像