下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢と息苦しさがある人でも悩み知らずになる『呼吸法』!

 

下痢と息苦しさがある人は腹式呼吸を行うことでで改善が期待できます。

 

 

【腹式呼吸とは】

腹式呼吸とは吐くことを意識した呼吸法で、まず息を吸う前に肺の中の空気を全部吐き出すつもりで、10~15秒程度かけてゆっくり息を吐き出します。息を吸うことよりも肺の中の空気を全部吐き出す方が苦しいのですが、全部吐き出すことでキレイな酸素が一気に肺に入ることができます。この呼吸は、息を吐くのと吸うのと両方の呼吸で横隔膜や腹斜筋、腹横筋の働きを使うので内臓機能、特に腸の働きが良くなることが期待できます。

 

 

【下痢や息苦しさが起る原因】

ストレス社会と言われる現代では、知らないうちにストレスを溜めることが多く、溜まった精神的ストレスから自律神経が乱れてそれが原因となって息苦しさや便秘となって表れます。そのため、下痢や息苦しさで病院に行っても、内臓に特別異常がないため、異常なしと診断されることが多いです。また、風邪をひいているわけでもないのに咳が出て苦しいということがありますが、これもストレスからきていることが多いです。

 

ストレスがあると過呼吸や動悸で息苦しいとか、また、咳や頭痛、吐き気や、胃の痛みそして、疲労感が抜けないなど様々な症状がでます。これらの精神的なものが原因している症状は、腹式呼吸を行うことで改善されることが多いです。

 

 

【腹式呼吸が下痢や息苦しさを改善できる理由】

腹式呼吸が腸の状態を良くすることから、下痢が改善できることはおわかりいただけると思います。腹式呼吸で息苦しさを改善できるのは、息苦しさの原因がストレスが溜まったことからきているからでする。

 

緊張した時は「大きく息を吸って~!吐いて~!」と、大きく深呼吸をすることで緊張をほぐす効果がありますが、深く大きな呼吸をする腹式呼吸は、心や体のあらゆる部分の緊張した状態をやわらげることができますから、ストレスなど精神的なものが原因している息苦しさも改善することができます。

 

 

【たくさんある腹式呼吸の効果】

腹式呼吸の効果は、息苦しさや下痢を改善するだけでなく、緊張をほぐす効果がありますから、ストレスをやわらげる効果も期待できます。そして、緊張で収縮していた血管も血行が良くなり血圧を安定させる効果が期待できますし、生活習慣病の効果も期待できます。

 

ストレスがあってもストレスの解消は難しいものがありますが、大きく息を吐き、そして鼻から息を吸い、そして口から肺の中が空になるまで息を吐ききる腹式呼吸ならできますし、心も体もリラックスることは現代の医学でも証明されています。

 

比較ページへのリンク画像