下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

過敏性腸症候群もなんのその!お風呂があなたを救う救世主に!?

 

下痢症状の中で慢性的な下痢の一つに「過敏性腸症候群」と言われる症状が有ります。皆さんもお聞きになられた事がある言葉だと思われますが、この症状が起こる原因とその対策としてお風呂が効果的であるとされております。何故お風呂が良いのかその理由を含めて調べて見ましょう。

 

 

【過敏性腸症候群が起こる原因】

過敏性腸症候群が起こる原因は、日常生活の中で受ける様々なストレスにあるとされております。このストレスを感じる強さは人によって異なっておりますが、強いストレスを感じる事によって、ストレスホルモンが分泌されその影響で自律神経の乱れが生じてしまい、腸の働きが活発になり過ぎたり、腸内での水分吸収が不十分になってしまい、下痢の症状を起こしてしまいます。その為、過敏性腸症候群は腸内の疾患と言うより精神的疾患の要素が強く、一般的な腸の検査等では原因の特定が出来ません。

 

更に、この症状は繰り返し性を持つ特徴があり、毎日の下痢症状によって、同じ時間や同じ場所、同じシュチエーションで発症してしまうと言う特徴が有ります。これらの事から、この症状の治療にはストレスマネージメントを一緒に取り組んで行く事が必要であるとされております。

 

 

【何故お風呂が良いのかその効果と注意点について】

この過敏性腸症候群の症状の改善に効果が高いとされているのがお風呂です。では何故お風呂が良いのでしょう。

 

お風呂につかると言う事は、全身の血行の改善を図る事が出来ます。その為新陳代謝の改善や疲れをほぐしてくれると言う効果が有ります。心身ともに温まる事で気持ちもリラックスでき、その結果として、ストレス等で乱れてしまった自律神経のバランスを改善する事が出来、腸内の働きを正常な状態に戻す事が出来るとされております。

 

お風呂に入る際の注意点としては、熱いお風呂に入るのでは無く、とにかくぬるめのお湯にゆっくりとつかる事が大切です。お湯の温度は30℃~40℃位までとし、15分~20分位を目安にお湯につかる様にしましょう。又、食事の直後や就寝直前の入浴は交感神経が活発になってしまうので避ける様にします。

 

過敏性腸症候群はストレスが原因とされておりますので、そのストレスを上手に発散しておく事が大切です。従いまして適度な運動によってストレスを溜めない、発散させて行く事。又、食事の面では腸内環境を整える効果のある野菜等に含まれる酵素や乳酸菌を摂る事を意識した食事にして行く事が大切で、とにかくストレスを解消する事と食事による改善の双方が必要になってきます。

 

比較ページへのリンク画像