下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢症状を緩和したい女性はなぜお風呂に入るのが良いのか?

 

[女性の下痢はお風呂で改善]

女性は、月経の時の下痢もありますが、冷えによる下痢が多いのです。冷え対策は、毎日の生活の中で体を冷やさないような服装をしているか、冷えるような食べ物を摂取しないか一度見直すのも良い方法だと思います。

 

 

「女性の冷え症」

女性は、男性よりも筋肉量が少ないため熱を作りにくいため冷えやすい傾向があります。体が冷えると血液循環が悪くなるため、胃腸の動きが悪くなり下痢となるのです。お腹が冷えると腸内環境も悪くなり、腸内善玉菌が減少するのです。腸内善玉菌が減少すると、腸内が正常に機能しなくなり、下痢や便秘と言った腸のトラブルにつながるのです。

 

 

「体を温める方法」

体を温める手段として、お風呂が効果的なのです。お風呂で体を温めることにより、胃腸の動きも良くなるため、冷え症の対策にもつながるのです。お風呂に入ることにより、全身の血行を改善し、新陳代謝を高めてくれるのです。全身の汚れを落とすだけではなく、疲れもとってくれるのです。

 

シャワーだけでは効果がないので、しっかり浴槽につかりましょう。体が温まると、リラックスしてくるため、副交感神経が優位になり、自律神経のバランスを良くしてくれるのです。そのため腸の動きも改善され、下痢の改善につながるのです。

 

 

「お風呂の入り方」

お風呂ではリラックスするため、ぬるま湯にゆっくりと浸かります。熱いお風呂では、交感神経を活発にするため、心臓に負担をかけてしまうのです。

 

浸かる時間

お風呂につかる時間は、15分~20分程度で、全身つかるのではなく、半身欲が良いのです。

 

最適なお湯の温度

お湯の温度は、38度~40度のぬるま湯にゆっくりと浸かります。この温度は血行改善し、むくみ対策やバストアップにもつながるため、女性には嬉しい効果があります。

 

時間帯は?

入浴時間は、食後直ぐはさけましょう。 ・お風呂に浸かりながら、マッサージをするのも効果的です。

 

シャワーだけでも良いの?

シャワーだけの方もいると思いますが、体を温める効果がないので、湯船浸かることができないのであれば、足湯などで体の芯から温めるようにしたほうが良いそうです。

 

 

「まとめ」

女性の下痢は、冷え症だけではないのです。生理による下痢もあるのです。生理による下痢は黄体ホルモンの減少により、腸の動きが活発になるからです。

 

この時の対処方法は、規則正しい生活をし、ストレスをためないようにすることが必要です。野菜や魚中心とし、3食しっかり食べ、お風呂にゆっくり浸かり、ストレス発散しながら、しっかり睡眠をとることも必要なことです。下痢の時はアルコールやタバコを控えるようにしましょう。また下痢の時は水分も排泄されてしまうので、脱水症状になりやすいため、しっかり水分も補給しておきましょう。

 

比較ページへのリンク画像