下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

胃痛と下痢が同時に来た場合は病状が併発している可能性も!?

 

胃痛と下痢を同時に起こしてしまう場合、単なる食事が悪かった場合と、実は他の病状が一緒に併発している場合が考えられます。特に急性胃腸炎を起こしている事も考えられますので、その急性胃腸炎を抑えて行く事も必要になってきます。ここでは胃痛と下痢が併発してしまう原因とその処置について調べてみます。

 

 

【胃痛と下痢が併発してしまう原因】

下痢を発症してしまう原因は多々ありますが、特に夏場の場合には冷たい物の食べ過ぎや飲み過ぎに起因する場合と、食中毒を起こしてしまう場合がありますが、その下痢に胃痛が併発した場合には「急性胃腸炎」を起こしている場合が考えられます。

 

症状としては下痢の他に、お腹のみぞおち辺りがキリキリ痛んだり、症状が酷い時には嘔吐や吐血を伴う場合も有ります。急性胃腸炎は冷たい飲み物や食べ物を多く取り過ぎたり、カフェインの強いコーヒーを飲み過ぎたりした場合や、強いストレスを感じ続け胃酸過多による胃炎から発症する場合に等が考えられます。

 

急性胃炎を起こしてしまっている場合、胃の消化機能が低下しており食べた物や飲んだ物の消化がうまくされず、そのまま腸に送られてしまいます。その結果として消化不良を起こし下痢を併発してしまいます。

 

 

【胃痛と下痢が併発してしまった場合の対処法】

もしも胃痛と下痢を併発してしい、急性胃腸炎と診断されてしまった場合の処置として最も大切な事は、弱ってしまった胃を休ませてあげ胃の状態を整えて行く事が大切です。

 

医師から処方された薬がある場合には、その薬を飲み続ける事は必要ですが、食事を1日位を目安に控え、湯冷ましや温かいお茶等を摂る様にして胃に負担を掛けない様に注意する事が必要です。2日から3日で胃痛と下痢の症状が和らいできたら、出来るだけ消化の良いうどんやおかゆ等を少しずつ摂る様にしましょう。

 

又、アルコールや脂っこい食事は控える様にします。2日から3日しても症状の改善が見いられない場合はには、再度医師による診察を受け他の原因が無いかを診断してもらう事も必要になってきます。

 

比較ページへのリンク画像