下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

女性必見!こんな症状が出たら『子宮筋腫』による下痢を疑え!

 

【こんな下痢のときは“子宮筋腫”かもしれない】

月経が近づいてきたくらいから、下痢が続く、という女性がいるかと思います。これ自体は子宮筋腫の有無によらず起こりうるもので、生理中に分泌される「プロスタグランジン」という成分により、腸の働きが活発になるためです。

 

しかし、この時期に「いつもよおなかが痛い」「下痢と同時に吐き気もある」などといった、普段の下痢よりも重く大変な下痢が起きる場合は、“子宮筋腫”の可能性が考えられます。ちょっと下痢にしてはつらすぎるな、と感じたら疑ってみるべきです。

 

 

【子宮筋腫によってつらい下痢になるのはなぜ?】

子宮筋腫とは、子宮にできるこぶのことです。そもそも、子宮は周りをいろいろな臓器に囲まれていて、そのうちの一つに大腸があります。子宮筋腫ができると、それが大腸を圧迫します。すると、子宮を収縮しようとして先ほどの「プロスタグランジン」が通常よりも多く分泌されます。

 

これには腸を活発にする働きもあるので、大腸の働きがさらに活発になり、重い下痢を引き起こします。子宮筋腫の位置によっては、膀胱を圧迫して排出が困難になるような場合もあります。

 

 

【子宮筋腫による下痢になったときの対処法】

普段の生理中の下痢であれば、市販の薬を飲んでゆっくり体を休めれば落ち着いてきますが、子宮筋腫による下痢の場合はこぶが原因のため、市販の薬では効きません。婦人科に行って診てもらうのが一番です。

 

自分でできることとしたら、根本治療ではなく下痢の症状を軽減することです。体を冷やさないようにして下痢を軽減したり、温かい水を飲むことで脱水症状にならないようにするなどの処置をしましょう。

 

 

【普段からできる対処法は?】

腸内環境を良好に保つことが大切です。ヨーグルトをはじめとする善玉菌を摂取する習慣をつけましょう。同時に食物繊維やオリゴ糖を摂取するとより効果的です。腸内を良好な環境に保てると、子宮筋腫によるものでけでなく、いろいろな要因による下痢を防ぐことができます。

 

比較ページへのリンク画像