下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢を引き起こす月経困難症と子宮筋腫の違いって何?

 

【月経困難症の下痢の特徴】

月経困難症の下痢の特徴は多くの人が経験する症状であります。月経時はホルモンバランスの影響で下痢が起こりやすくなり、月経が終わるとともに下痢が治まることが殆どなので、軽症であれば治療の必要はありません。

 

 

【子宮筋腫の下痢の特徴】

子宮筋腫の下痢の特徴は、日常生活が送れない程の酷い下痢であることです。酷い下痢というのは、下腹部に違和感を覚えるレベルだったり、同時に吐き気を催して、吐いてしまうほどの下痢症状の場合は生理痛の一言で片付けることはできず、大腸や膀胱など排泄器官が圧迫している可能性があり、子宮が激しく収縮していることが考えられます。この結果、酷い下痢を引き起こしてしまうのです。

 

 

【月経困難症の下痢と子宮筋腫の下痢の違い】

一番の違いは軽症であるかそうではないかということです。月経困難症の下痢は月経が終わると治まり日常生活に支障はそれほどありませんが、子宮筋腫の下痢は吐き気や嘔吐も同時に引き起こしてしまうような、下腹部の違和感を覚えるような下痢症状であり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

下痢になっても月経が終わるにつれて症状が軽くなり、月経が終わったら治まる場合は月経困難症によってホルモンバランスの崩れによる一時的な下痢症状であると判断できますが、あまりにも下痢症状が酷い場合は子宮筋腫が隠れている可能性も否定できません。

 

下痢症状と共に吐き気や嘔吐といった症状も同時に起こってしまったり、寝込んでしまうほどの酷い下痢症状が月経が終わってもずっと続いているようなら、筋腫があることによって子宮の収縮が激しくなっていることによって引き起こされる下痢と言えます。酷い下痢の場合は子宮筋腫が出来てしまっている可能性もあるので、一度医療機関に受診することが必要です。

 

 

【下痢を改善するには】

下痢の改善に大切なのは、腸内環境を整えることです。腸内環境を整っていると、腸内で有害なもの、有益なものを識別して悪いものを排出してくれます。下痢のように腸内環境が悪くなってしまうと、栄養の吸収が十分にできない状態になってしまいます。

 

特に慢性的な下痢が解決しないような場合は医療機関で医師の診断を受け、腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで症状を緩和させることができる場合があります。

 

比較ページへのリンク画像