下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢の時にお尻が痛くなるのはPH値にあった!身体に知らせる重大なサインって?

 

お尻につらい痛みを伴う下痢ですが、その要因のひとつとして腸内のPH値が挙げられます。PH値とは、水素イオン濃度のことで、酸性やアルカリ性の程度を1~14の数値で表すことができます。

 

PH7.0が中性で、これより低ければ酸性、高ければアルカリ性となります。理想的な腸内はPH4.5~PH5.5の弱酸性の状態で、便は黄土色をしていますが、腸内が酸性に傾くほど黄色っぽくなり、アルカリ性に傾くほど黒っぽくなります。酸性に傾くかアルカリ性に傾くかは、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスによって決まり、善玉菌が増えれば酸性に、悪玉菌が増えればアルカリ性に近づきます。

 

普段の食生活が腸内環境に深く関わっており、レトルト食品やコンビニ食に含まれる有害物質は悪玉菌を増やす原因になります。腸内のPH値が高い状態、つまり悪玉菌優位のアルカリ性の状態で暴飲暴食をしたり、大量のアルコールを摂取したり、精神的ストレスを抱えたりすると、それらが引き金となり下痢になるのです。

 

 

【下痢でお尻が痛い!それはPH値が関係している?】

下痢は腸内環境が悪くなり、悪玉菌優位になっていることが原因です。つまり、腸内のPH値が高くアルカリ性になっているのです。下痢便にアルカリ性の強い腸液が含まれていることで、弱酸性の肌を溶かしてしまいます。

 

これが、下痢のときにお尻が痛くなる原因です。PH値がアルカリ性に傾き腸内環境を悪化させ、それが下痢を引き起こして腸内に溜まった悪玉菌がアルカリ性の腸液としてお尻から出ていく。こんなつらい痛みを伴う下痢を解消することはできるのでしょうか?

 

 

【これで下痢とおさらば!腸内環境を整えよう】

PH値を低くし、腸内を酸性に近づけるのが腸内環境改善の第一歩です。酸性に近づけるには善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を増やし善玉菌の働きを良くするものとして納豆菌が挙げられます。納豆菌が増えることで善玉菌の一種である乳酸菌が活発になるからです。

 

またビフィズス菌も善玉菌のひとつとして有名ですが、納豆菌はこのビフィズス菌とも相性が良いことが分かっています。酸素を好む納豆菌と酸素を嫌うビフィズス菌は、互いの性質を活かすことでお互いに増殖していきます。

 

食生活を改善することが腸内環境を整えることに繋がるのです。腸は健康のバロメーターです。食材に気を配り生活習慣を見直して、健康なからだを手に入れましょう。

 

比較ページへのリンク画像