下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

こんな下痢の臭いは注意!臭いから予想される原因には何がある?

 

突然やってきて困る下痢ですが、実は便の色や形や臭いは体の健康状態を教えてくれるバロメーターとも言えます。下痢であることは体の何らかの異常を教えてくれているのです。今回は、その中でも下痢の時の臭いに注目して、どのような病気が考えられ対処法はどうするべきかをご紹介したいと思います。

 

 

【ドブ臭い】

腸内環境が悪化しているサインです。ドブ臭い原因は「ジメチルサルファイド」という物質の臭いなのです。ジメチルサルファイドは何かが腐敗した時に生じる物質で、腸内環境が悪化している時に摂取した食べ物が腸内で腐敗を起した時に発生する物質です。腸内の悪玉菌が好むたんぱく質の摂取を控え野菜中心の食事にすることで改善が見込まれます。

 

 

【すっぱい臭い】

本来、便はすっぱい臭いがします。しかし、下痢の症状があったり少し腐敗したような臭いが混ざっている場合、ノロウイルスやロタウイルスのようなウイルスの感染が疑われます。特に小さな子が感染した時は、脱水症状になりやすいので水分補給はしっかり行いましょう。また、下痢を止めようと下痢止めを飲ますことは逆効果です。下痢はウイルスを排出しようとしている働きなので、それを止めてはいけません。

 

 

【魚が腐った臭い】

細菌による下痢が主な原因で、特に多い原因が食中毒と言われています。食中毒はカンピロバクターやサルモネラ菌によるものが多く、お肉が原因であることが多いのですが、食事以外でも動物を触ることでも発症するので注意しましょう。

 

 

【腐った卵の臭い】

カンピロバクターやサルモネラ菌、病原性大腸菌、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌などの細菌による下痢の場合は腐った卵のような臭いがします。これらの下痢の場合は、病院で処方いただく抗生物質が効果的なので早めに病院を受診するようにしましょう。

 

 

【腐敗臭】

すぐで治まる腐敗臭の場合は様子を見て良いと思いますが、数日経っても続いていたりオナラも臭くなっていたり、便の状態もおかしい場合は病院での受診をおススメします。腐敗臭は様々な理由で発生しやすい理由なので、腸内環境が悪化していることが原因かも知れません、しかし、食生活を見直したり腸内環境を整える生活にしても腐敗臭が改善されなければ、何かしらの病気のサインかもしれません。便は本来、臭いはあってもそれほどきついものではないのです。便の臭いは、たんぱく質が腸内細菌によって分解されることで発生するため、たんぱく質が大腸に入ってくるまでにしっかり消化されていれば、臭いはそれほどきつくないのです。毎日の便の状態を確認する習慣をつけ、体の状態も確認してみてはいかがでしょうか。

 

比較ページへのリンク画像