下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

臭いがキツい下痢の原因は腸内環境の悪化が原因?

 

【下痢のキツイ臭いの原因とは】

下痢のときにキツイ臭いが発するのは腸内環境が悪化している証拠と言えます。腸内環境が悪化している状態というのは、腸内に悪玉菌が増えている状態ということです。つまり、下痢のキツイ臭いの原因は悪玉菌が増えていることで腸内環境の悪化しているからだと言えます。臭いがキツイ時の下痢の特徴として、色が濃くて、茶色や茶褐色に近い色になります。

 

 

【年齢を重ねるごとに腸内環境が悪化しやすくなり、便の臭いがキツクなる】

腸内環境は年齢を重ねるごとにどんどん悪化しやすくなると言われています。新生児の場合は善玉菌しか存在しないほど腸内環境が整っていますが、年齢を重ねると腸内の善玉菌がどんどん減少していき、キツイ臭いの原因となる悪玉菌が増えてしまいます。

 

年齢を重ねれば重ねるほど意識的に腸内環境を整えて、便の臭い対策をする必要があります。下痢の際に便の臭いがキツイといった場合は腸内環境が悪化しているサインなので、それを見逃すことの無いように善玉菌を増やす生活習慣を意識することが腸内環境を良くするのに重要であると言えます。

 

 

【腸内環境を整えるのに大切なこと】

臭いがキツイ原因として腸内環境の悪化によるものである可能性がありますが、腸内環境が悪化している状態は悪玉菌が優位な状態になってしまい、臭いをキツくしてしまいます。そこで、悪玉菌が優勢になっている腸内環境の悪化を食い止めるためには、善玉菌を増やすことが先決なのです。

 

善玉菌は便のキツイ臭いを抑制し、腸内環境の改善に役立ちます。その方法として生活習慣の見直しで腸内環境を整えることです。乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維を摂取することで腸内の善玉菌を増やし、常に善玉菌を補充するように心がけることです。

 

また、ストレスや不規則な生活習慣でも悪玉菌は作り出されてしまうので、ストレスをできるだけ少なくして、睡眠時間を確保するといった規則正しい生活習慣を意識することも、悪玉菌を減らして、腸内環境を整える上で大切なポイントとなります。

 

比較ページへのリンク画像