下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢する季節に危険信号!下痢の種類によっては入浴が危険に!?

 

下痢の時にお風呂に入っても良いものと、入らない方が良いものがあります。 今回はお風呂を控えた方が良い下痢について知っておきましょう。

 

 

「下痢の種類はどのようなものがあるのか」

急性の下痢

症状は突然現れ、長くても2週間程で症状は回復するのです。 原因はウィルス等の細菌、食中毒や風邪等による急性胃腸炎、有名なのはノロウイルスやロタウイルスなどがあります。 ウイルス性の場合は吐き気や腹痛を伴うことが多く、体内に入った異物を体外に早く排出しようとする人の防御反応なのです。 その際には、脱水症状にならない様に水分をしっかり摂る必要があるのです。

 

 

慢性の下痢

症状の頻度はまばらで2週間以上続く場合は慢性の可能性があるのです。 不規則な生活やストレスなどを受けている場合や、ポリープや癌等の病気も考えられるのです。 ストレスの場合は、心療内科などに受診する必要があるのです。 ストレスや生活習慣が悪いのが原因と自分で判断するのは危険です。 病気の場合は、便に血液が混ざることが多いのですが、普通の人には判断出来ないものもありますので、症状が長い場合は医師に診てもらいましょう。

 

 

「感染性胃腸炎による下痢の時のお風呂は避けた方が良い」

下痢で入浴は可能な場合がほとんどです。 気をつけたいのは、ウイルス性のものです。ノロウイルスやロタウイルスの場合は感染の危険がありますので、できれば入浴を避けてください。単純に体力が落ちていると言う場合も、お風呂が体に負担をかけてしまいます。 感染性胃腸炎の場合は、お風呂に入ると細菌は増殖してしまいます。

 

ノロウイルスの場合は1週間近くウイルスを排泄が続くのです。 お風呂で細菌は死滅するのではと思われがちですが、細菌は高温で死滅しないどころか沸騰したお湯でも数分は生きている物もいます。ウイルスは生命力が強いので、他人から菌をもらうことはよくあります。

 

 

「もしお風呂に入るなら」

もしお風呂に入るなら一番最後に入ることです。肛門に細菌が付着した状態でお風呂に入ると、お風呂の中でウイルスや細菌が残ってしまいます。そのため家族に感染させる恐れがあるのです。 そのためウイルスに感染している人は、ウイルスを排泄し治るまで注意が必要です。 体を温める場合は、シャワーや足湯がおすすめです。 急性の場合は水分を多く排出しているため、体が脱水症状を起こしている可能性があります。水分を補給し、長風呂は避けるようにしましょう。

 

 

「お風呂の清掃に注意が必要です」

  • お風呂の水は毎日取り替えましょう。
  • 下痢の症状がある人が入ったら、浴槽を0.02%の次亜塩素ナトリウム溶液で消毒しましょう。
  • 洗い場や洗面器などもきれいに消毒しましょう。

 

 

「まとめ」

ノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎は、家族が一人感染すると全員に感染する恐れがあります。そのため感染を拡大させないことが必要となります。お風呂による感染を防ぎ、家族の健康を守るようにしましょう。

 

比較ページへのリンク画像