下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

『下痢の時はお風呂』は間違い!原因によっては悪化する場合も!?

 

下痢の発生の原因は様々に有りますが、そんな下痢の症状が有る時の入浴には注意しておく事が有ります。一般的には入浴によってお腹や身体が暖まるので下痢の症状が改善されると考えられますが、下痢の時に入浴を控えた方が良い場合も有ります。

 

 

【下痢を起こしてしまう原因】

私達人間が下痢と言われる症状を起こしてしまう原因はいくつかあります。代表的な原因としては、夏場等のクーラーの使い過ぎ等による冷えや、食べ過ぎや飲み過ぎ等による消化不良を起こしてしまう場合、日常的に受けるストレス又はそのストレスが原因とされる過敏性腸症症候群。

 

更には食中毒等の原因とされる細菌やウイルス感染等が挙げられます。これらの原因によって引き起こされた下痢には入浴した方が良い場合と、必ずしも入浴が適さない場合が有りますので、医師等による診察でその下痢の原因をきちんと把握する事が大切です。

 

 

【下痢の原因別の入浴について】

では具体的に下痢の原因と入浴に付いて考えて見ましょう。先ず入浴をする事で下痢の症状が和らいだり下痢の改善に効果が有る下痢としては、冷えによる下痢で。身体が冷えてしまう事で腸の働きが弱まってしまい自律神経の乱れなどを引き起こしてしまいます。その結果腸内での水分の吸収が充分に行われなくなってしまい下痢を起こしてしまいます。

 

 

この症状を入浴によって身体を温める事で自律神経の働きを正常な状態に戻す事ができ下痢の症状が緩和されて行きます。又入浴により身体を温める事で、食べ過ぎや飲み過ぎ等による消化不良の改善にも効果が有ります。

 

 

次にストレス性の下痢や過敏性腸症候群が原因の下痢の場合には必ずしも入浴が効果的ではない場合が有ります。特に過敏性腸症候群と診断されている場合には、入浴によって交感神経が活発に働き過ぎてしまい、その事により自律神経が刺激を受け下痢の症状を起こしてしまいます。

 

 

又、細菌性ウイルス等が原因とされる下痢の場合にも入浴は控える様にします。細菌性ウイルスの感染の場合には入浴によって細菌の二次感染等の懸念も有ります。入浴時のお湯(40度前後)では、これらの細菌類が死滅せずに浴槽内や、給湯配管の中で増殖してしまい、他の人達へ二次的に感染してしまう場合があるからです。

 

 

この様に下痢の症状により入浴出来る場合と入浴出来ない場合があります。どうしても暑い季節に汗等を流したい場合には、シャワーを有効的に活用したり、足湯等で足先等の冷えを解消してあげる事が大切です。

 

 

比較ページへのリンク画像