下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢の人は要チェックのリンゴ!改善も悪化もさせる秘密とは?

 

リンゴは下痢改善に効果的と言われていますが、下痢になってしまう人もいます。なぜ、リンゴを食べて下痢が改善できる人とそうではない人に分かれてしまうのかについて調べてみました。

 

 

【リンゴで下痢が改善する場合】

リンゴで下痢が改善する理由として、リンゴに含まれている水溶性食物繊維「ペクチン」の働きによるものです。ペクチンは体内の不要なものを除去する作用や便の水分量の調節作用、腸内環境を整える善玉菌を増やす整腸作用により下痢の改善効果が期待できるのです。リンゴが下痢対策として有効なのは食物繊維の1つであるペクチンの働きによるものと言えます。腸を整えて下痢に効きます。

 

 

【リンゴで下痢になってしまう場合】

リンゴで下痢になってしまう原因としてさまざまな要因が挙げられます。

 

身体の冷えを引き起こす

まずは「冷え」によるものです。リンゴジュースなど冷たい飲み物を一気に飲んでしまうことで身体が冷えると下痢を引き起こしやすくなります。

 

 

砂糖を摂り過ぎてしまう

リンゴジュースには砂糖が多く含まれているものが多いのでリンゴジュースを飲みすぎることで身体が冷えるのと同時に砂糖の過剰摂取にもつながり下痢を引き起こす原因となります。

 

 

アレルギーに反応してしまう

リンゴを摂取したら必ず下痢を起こしてしまうといった場合はリンゴによるアレルギー反応によって下痢を起こしている可能性が高いと言えます。

 

 

ペクチンが身体に合っていない

4つ目の原因は「リンゴに含まれているペクチンが体に合っていないこと」です。リンゴにはペクチンが豊富に含まれてていて、ペクチンは下痢を改善してくれる効果がある一方で、体質によってはペクチンの働きが乱れて下痢を引き起こしてしまうこともあります。

 

 

よって、リンゴを摂取して下痢が起こってしまう原因として考えられるのが冷えや砂糖の摂り過ぎといった摂取の仕方に問題がある場合やアレルギーだったり、自分の体質がペクチンと合わないといったことが挙げられます。

 

 

【下痢の時に効果的なリンゴの食べ方】

リンゴは食べ過ぎてしまうと下痢を引き起こしてしまうリスクを高めてしまいます。ですが、リンゴは下痢改善の効果も期待できるので、下痢改善目的で摂取する効果的なリンゴの食べ方を紹介します。下痢の改善に役立つペクチンは特にリンゴの皮に多く含まれています。下痢の時はリンゴそのままを半分くらいすりおろして食べます。リンゴを半分すり下ろすことで消化を良くし、食べやすくします。消化が良くなることは身体への負担も減ります。リンゴ半分の量なら過剰摂取になりにくくします。

 

 

比較ページへのリンク画像