下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢を引き起こしやすい人の共通点!その意外な成分って?

 

下痢を起こしやすくて悩んでいる人が増えています。下痢を起こしやすい人に食物繊維か腸内細菌が足りていない、もしくは両方足りていない状態とも言われています。そこで、食物繊維や腸内細菌が足りないと下痢が起こりやすい原因と増やすにはどうしたらいいのかについて調べてみました。

 

 

【下痢を起こしやすい人は食物繊維か腸内細菌が足りてない、もしくは、食物繊維も腸内細菌も足りていない状態である】

まず、食物繊維が足りないことで下痢を起こしやすくなってしまう理由は、大腸の働きが悪くなっていることが挙げられます。食物繊維が足りている状態であれば大腸で水分吸収してくれ、そのまま便として排出してくれます。しかし、食物繊維が不足してしまうと大腸で水分吸収をしないまま排泄されてしまうので大量の水分と電解質が失われてしまい下痢となってしまうのです。

 

 

そして、食物繊維は腸内環境を整えるための善玉菌のエサとなる大切な栄誉素です。食物繊維が不足すると悪玉菌が増えてしまい、腸内環境が乱れることで下痢を引き起こしやすくします。一方、腸内細菌が足りていないと下痢を起こしやすい理由として、腸内細菌がうまくバランスが取れていないことが挙げられます。腸内細菌のバランスと言うのは腸内に棲む善玉菌と悪玉菌の割合のことです。

 

 

下痢が起こりやすい人の場合は善玉菌よりも悪玉菌の割合が多くなり、腸内細菌のバランスや働きを狂わせます。また、食物繊維が足りなくなると腸内細菌が正常に働かなくなるので、食物繊維が足りないときは腸内細菌のバランスが悪くなり足りなくなってしまうことにもつながってしまいます。

 

 

【食物繊維の下痢に対する働きとは?食物繊維が不足するとどうなるのか】

食物繊維は善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌の数を増やしてくれます。善玉菌が増えることで腸の働きが活性化し、腸内環境を整えてくれます。そして、腸内細菌が棲みやすい環境を作ってくれます。

 

 

食物繊維が善玉菌を増やして腸内環境を良くすることで下痢を引き起こしにくくします。もし、食物繊維が不足してしまうと善玉菌となるエサが無くなり、善玉菌を増やすことができません。その代わりに悪玉菌が増えて、腸内が悪玉菌優勢となります。こうなってしまうと腸内環境が悪化するので腸の働きも乱れて、結果下痢を起こしやすくします。

 

 

【腸内細菌の下痢に対する働きとは?腸内細菌が不足するとどうなるのか】

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分類されます。腸内で善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが整っている状態が一番良い状態です。腸内細菌のバランスが良い状態だと善玉菌が悪玉菌の定着と増殖を抑えてくれるので便の状態も正常にし、下痢を起こしにくくします。しかし、腸内細菌が足りていない状態だと、善玉菌よりも悪玉菌の働きが強くなり、腸の働きを乱して、お腹の調子を悪くして下痢を引き起こしやすくします。

 

 

【食物繊維と腸内細菌を増やすには?】

下痢を引き起こしやすい人は食物繊維や腸内細菌が足りていないので、それらの働きが悪くなって、腸やお腹が乱れることで下痢を起こしやすくするので食物繊維と腸内細菌を増やすことが必要です。では、食物繊維と腸内細菌を増やすにはどうしたら良いのかを紹介します。まず、食物繊維の増やし方ですが、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられます。この2種類の食物繊維をバランスよく摂取することが食物繊維を効果的に増やすポイントとなります。

 

 

不溶性食物繊維は便の分量を増やし便通を促して腸内綺麗にします。ごぼう、レタス、キャベツなどの野菜や豆類、穀類に多く含んでいます。もう1つの水溶性食物繊維は腸内の水分を調整します。腸内をゆっくりと移動し、栄養の吸収も穏やかなので血糖値の上昇を抑えます。果物や海藻、こんにゃくに多く含まれています。よって、食物繊維を増やすには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が多く含まれている食材をバランスよく摂取することと言えます。

 

 

一方、腸内細菌を増やす方法は腸内で善玉菌の増殖を促してくれる食品を摂取することがポイントです。腸内細菌を増やしてくれる食べ物としてまず挙げられるのは「発酵食品」です。味噌や漬物、醤油、納豆、塩麹、甘酒、みりん、お酢などを摂取すると良いです。

 

 

2つ目は「食物繊維」です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をバランスよく摂取します。不溶性食物繊維が多く含んでいるものとしてごほう、おから、さつまいも、グリンピース、おくら、ニラ、かぼちゃ、ほうれん草、たけのこ、ブロッコリーが挙げられます。水溶性食物繊維が多く含んでいるものとして、ごぼう、にんにく、なめこ、アボカド、オクラ、わかめ、昆布、めかぶ、もずくが挙げられます。

 

 

3つ目は「オリゴ糖」です。オリゴ糖を多く含んでいる食品は、はちみつ、バナナ、きなこ、大豆、たまねぎ、ごぼうが挙げられます。腸内細菌を増やすには善玉菌を増やして、腸内で善玉菌優勢に働いている状態を作ることです。それには、発酵食品、食物繊維、オリゴ糖を意識して摂取することで、それらが多く含んでいる食品を1日の食事の中にバランスよく摂り入れることが大切と言えます。

 

 

比較ページへのリンク画像