天然美通 成分

天然美通の全成分を徹底公開!本当に安全に飲めるの?

 

 

天然美通といえば、大豆乳酸菌を発酵させた『大豆発酵熟成エキス』を配合していることだけに目が行きますが、その他の成分についてはほとんど触れられていないので、何が配合しているのか?また本当に安全に飲めるのかが気になりますよね。

 

そこで今回は天然美通の全成分について解説していこうと思います。

 

 

天然美通に配合されている全成分はこれ!

  • サフラワー油
  • 大豆発酵熟成エキス
  • DHA含有精製魚油
  • ゼラチン
  • 環状オリゴ糖
  • グリセリン
  • ミツロウ
  • 植物レシチン
  • ビタミンE
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • カラメル色素

 

 

まあまあズラーっと並べられても何がどんな働きがあるのか分からないと思いますので、一つずつ解説していきたいと思います。

 

 

サフラワー油

サンフラワーとは名前の通り向日葵(ひまわり)の種子から摂れる油のことでです。この油には必須脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸、ビタミン類(A、D、E)、ミネラル類(カルシウム、鉄、亜鉛、リン、カリウムなど美容や健康を向上させる成分が配合されています。

 

特に活性酸素を抑制する抗酸化成分や悪玉コレステロールの減少、腸の活動を促進する働きがあるので、アンチエイジングや便秘などのお通じ対策、さらにコレステロールの改善に役立つと考えられている油なのです。

 

 

大豆発酵熟成エキス

乳酸菌を大豆たんぱくとともに発酵・熟成という過程経て出来たエキスのことです。大豆発酵熟成エキスの効果はこちらで詳しく解説しているので参考にして欲しいのですが、主に便通の改善・免疫力の向上・病気の予防・コレステロールの抑制などに対する働きがあります。

 

 

DHA

DHAは青魚に含まれている脂肪酸の一種です。よく食べると頭が良くなるという話を聞くと思いますが、記憶力や判断力の向上や、アレルギーの予防効果、さらにいうと血流の改善する効果などがあります。

 

 

ゼラチン

ゼラチンは寒天やゼリー、湿布薬など様々な用途があるのですが、天然美通ではカプセルの原料として利用されています。こういったカプセルへ使用することは医薬品もあるのでそう珍しいことではありませんね。

 

 

オリゴ糖

オリゴ糖と聞くと砂糖と同じように身体に悪いと思われるかもしれませんが、この糖は腸内の善玉菌のエサになることで腸内環境を整える働きがあります。特にお通じに対しては実感が分かりやすい成分ですね。

 

 

グリセリン

こちらはカプセルの材料保湿を維持する為に使われているものです。

 

 

ミツロウ

ミツロウは蜂の巣から作られた成分で、サプリのツヤを出すために使われているものです。

 

 

カルメラ色素

よくプリンに使われている成分ですね。天然美通のカプセルはこげ茶色の色をしていますが、このカルメラ色素によって色が付けられています。

 

 

植物レシチン・グリセリン脂肪酸エステル

どちらも乳化剤として配合されているものですね。水と油や混ざりにくいものを均一にするために使われています。

 

 

ビタミンE

ビタミンEときくと抗酸化作用が思い浮かびますが、天然美通で使われているのはサプリの酸化防止として使われています。

 

 

まとめ

以上が天然美通の全成分でした。一通り解説していきましたが科学的に作られた成分など配合していないので、幼児などでも安心して飲めるようですね。

 

 

 

 

比較ページへのリンク画像