メガサンA150 効果

メガサンA150の効果は?乳酸菌からひも解くそのパワーとは?

 

メガサンA150に配合されている乳酸菌は学会でも注目されているという『EF-2001乳酸菌(エンロコッカス・フェカリス EF-2001)』という種類です。こちらは公式サイトを確認したら分かるのですが、通常のエンロコッカス・フェカリスよりもさらに活性度が上回るというものです。

 

 

では、EF-2001乳酸菌には具体的にはどういったような効果を期待できるのでしょうか?

 

 

EF-2001乳酸菌で期待できる効果って?

EF-2001乳酸菌は既に100種類以上発見されている乳酸菌の中でも、特に身体の免疫力を高める効果に秀でています。その中で期待される効果というのは以下のようなものがあります。

 

  • 大腸ガンの予防
  • アレルギー症状の緩和や予防
  • 体臭や口臭の改善

 

 

それでは一つずつ具体的な内容を確認していきましょう。

 

 

大腸ガンの予防

こちらは少し専門的な内容になるのですが、EF-2001乳酸菌を摂取することで大腸ガンの原因物質の『EFBF菌』を減少させることが近年分かってきています。

 

これはEF-2001乳酸菌が、腸内で食べ物を発酵させる過程で生じる乳酸にEFBF菌を減少・死滅させる効果があるからです。大腸ガンというと女性の死亡率が高いガンですので、こういった効果を期待できるのは将来の不安を抱える人にとっては嬉しい情報ですよね。

 

 

アレルギー症状の緩和や予防

EF-2001乳酸菌には免疫力を向上させる効果が一番のウリですが、その過程で体内に存在する免疫細胞の働きを正常にさせる力もあります。

 

 

花粉症やアトピー、鼻炎などのアレルギーというのは、そのアレルゲン物質に対して私たちの免疫細胞が過剰に反応して起こることが原因です。分かりやすく説明すると、私たちの身体を守る門番が外から来た怪しい人に『何者だ!』と怒鳴り散らしてしまう感じですね。

 

 

そういったことが身体に起こると、ヒスタミンという物質が過剰に分泌されてしまうことになります。このヒスタミンという物質は元々身体にある物質なのですが、過剰に分泌されてしまうことで細胞外に放出されてしまいます。その結果、細胞外に放出されたヒスタミンによって炎症(アレルギー)の症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

しかし、EF-2001乳酸菌には免疫機能を高める過程で、このヒスタミンを過剰に分泌することを抑制してくれるので、アレルギーの予防や改善に一役買ってくれると考えられているのです。

 

 

体臭や口臭の改善

体臭や口臭の原因というのは、便秘やコンビニ弁当などバランスが悪い食事、またはストレスによって悪玉菌と呼ばれる有害物質が体内に留まってしまうことにあります。

 

EF-2001乳酸菌はそんな有害物質の中で、体臭や口臭の原因となる腐敗臭を出す(パラクレゾール)の排出を促す効果があります。つまり、体内から臭いを発生させる原因物質を排出してくれるので、結果として体臭や口臭などの改善に繋がるということですね。

 

 

まとめ

こういったようにメガサンA150に配合されているEF-2001乳酸菌には、現在の悩みや将来の不安に関することにアプローチすることが可能というわけです。

 

特にEF-2001乳酸菌だけをヨーグルトなどの食品で摂取することはかなりの努力が必要になりますが、メガサンA150は一包飲むだけで1兆個の
EF-2001乳酸菌を摂れるので、今から実感したい人は簡単に続けれる道を選んでみるのもよいかもしれませんね。

 

比較ページへのリンク画像